<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

フランス人って怖い!   

知人から仕入れたニュースです。ご存知でしたか?
フランス人はちょっと意地悪だと言うのはかねがね聞いておりましたが、
ここまでするとは人権侵害もいいとこです。
旅行しようと思っていらっしゃる方、気をつけてください!!

全裸にむかれ…!老舗デパートと警察、新婚夫婦を犯罪者扱い!中国大使館も抗議―パリ
2月16日0時44分配信 Record China

14日、新婚旅行でパリを訪れた中国人夫婦。
老舗デパートで偽札使用を疑われ、店と警察から屈辱的な取調べと拘束を受けた。
潔白が証明された後も夫婦の怒りは収まらず、大使館に連絡。

2008年2月14日、楽しいはずの新婚旅行が一転、悪夢のような事件に巻き込まれた中国人夫婦の話を「中国新聞網」が伝えた。

2月11日、欧州ツアーに参加した浙江省の新婚夫婦は、
フランスのパリにある有名老舗デパート「ギャラリー・ラファイエット」で
ショッピングを楽しんでいた。
だが彼らが支払ったユーロを同店員は偽札と判断。
夫婦を地下の保安室へ連行し、ツアーの添乗員やガイドと連絡を取ることも許さぬまま、
現地の警察当局に引き渡した。

警察は2人の持ち物すべてを調べ、指紋押なつに写真撮影、
全裸での身体検査を強要、妻の下着まで切り裂いて調べた。
そのうえ2人に手錠をかけ、他の犯罪者と一緒に留置所へ。
5時間以上拘留されたあげく、偽札ではないことが判明したため2人は釈放された。

せっかくの新婚旅行を台無しにされた夫婦は、デパート側に猛抗議。
駐仏中国大使館の職員が交渉に当たり、次の日にデパート側の責任者が2人に会うことに。
翌12日、大使館職員と被害にあった中国人夫婦らは「ギャラリー・ラファイエット」の
責任者と話し合いを持ち、文書による謝罪表明と損害賠償、中国大使館が
現地警察に交渉する際の全面的協力を取りつけた。(翻訳・編集/本郷)

[PR]

by martini_glass | 2008-02-27 10:10 | 日本人である事

春一番はどこに吹く   

一雨ごとにそれほど寒いと思わなくなりました。
まだマフラーを完全には離せませんが。
夕方5時を過ぎても日が長くなりましたね。
冬の日から、春になりゆく感じです。

今日は相方が風邪で80%ダウンです。
ご飯を食べに起きてくるけど食べては寝てます。
「病院に予約入れた?」「手を洗った?」と子供のように言われながら
行かないで治す・・・と頑固である。
市販の解熱剤と私が処方してもらったお腹の薬の残りで乗り切ろうとしている。

抗生物質を貰えば2日ぐらいですっきりするし、楽になるのにな・・・。
会社にも行けるのに・・・

春一番が待ちどおしいけど
体調は整えて春を迎えたいですね。
皆さんもお気をつけて・・・
[PR]

by martini_glass | 2008-02-27 09:50 | 独りごと

最近気になるもの   

運動量の少ない冬の間は動物園の熊のような生活をしている私です。
家の中を丸く掃除して、あるもので食事を済ませあとはネットサーフィンか
ごろりと寝転んで本を読みふける。
休日の日は特にそんな感じになります。
ああ、なんてだらしない・・・と思いながらも止められません。

この季節、猫の日が過ぎた頃になると体重が嫌に気になって仕方がありません。
バレンタインのチョコの食べすぎを気にし・・・
ジャンク・フードの新製品に舌鼓をしたことを後悔し・・・
お昼の日本食弁当の炭水化物の多さのせいにし・・・
運動不足を棚にあげて・・・

ああ、体重計が怖いです。

昨日も、会社で見つけた大きなドーナツの箱。 うひゃあ~。
一人の同僚も「ドーナツ食べたつもりになってヨーグルトを食べるの~」と言っていた。
食べたいものを制限するってつらいよね~
会社ではキッチンのテーブルには何かしらお菓子がある。
誰かが里帰りすれば、その地域のお土産、なければ買ってまで並んでいる。
コーヒーを入れながら横目で、新製品の「きのこの山」を見つけました。
そして月曜日まだバレンタインのチョコがまだ並んでいた。

きゃあ、目の毒です。
[PR]

by martini_glass | 2008-02-24 00:05 | 私の日々雑感

アメリカの大学   

ここ最近、年々アメリカの大学も授業料が上がっていると言われている。
有名大学ハーバードで年間約4万ドルから5万ドルに上がれば、
優秀な学生が経済的理由でいけないという場合も出てくる。
そこで、優秀な学生を世界中から集めるために、
ハーバード、エール、MITなどと有名大学では
親の年収の10%の授業料でアメリカの学生はもちろん留学生も学べるようにという
特別プログラムが開始されようとしている。
例えば、年収5万ドルだとすれば、その1割の5千ドルで受け入れようというものだ。
とにかく優秀な学生を集めようとしている。
それだけ世界の大学が大学間の競争が激しくなってきている。

一方日本では、東大、京大、早稲田、慶応の有名4大学の博士課程において
学部・専門分野に関する横の繋がりが出来ているといわれている。
今までは東大に入れば東大の中の専門分野での指導しか受けられなかったのが、
これからは、他の大学での専門分野の強い教授の指導が受けられるなど、
どこに入っても違いが無くなった。
しかし、日本での有名大学も、世界では東大・京大が10位代、
早稲田・慶応は世界ではそれほど大したことはない現状である。

一方韓国では、小学校からのグローバル教育・アカデミック英語などをめざして留学熱が日本よりも発達してきている。それには20年後の将来をどう社会で生き抜いていくかという親の子供に対する願いだそうです。今、韓国からハーバード大学への留学生は300人、日本人は100人という数字がでている。英会話に力を入れようとする日本人に対して、英語で授業を受けて世界に羽ばたいていこうという韓国人の高等教育の競争力は日本と比べ物にならない。

しかし、本当に親の年収の1割でハーバード大学に入れるのなら
貧乏人にも挑戦するチャンスは与えられた凄い画期的なことですよね。
[PR]

by martini_glass | 2008-02-18 05:40 | 日米論考

GMのリストラにしても・・・   

きゃあ~、またアメリカでは過去最多のリストラで職を失う人が増えます。
赤字4兆1500億円って~全然想像できないお金の額ですが・・・
その度にトカゲの尻尾きりです。マネージャー以下が切られます。
日本のニュースでは早期退職者を募ると綺麗にまとめられていますが、
実際は否応もなく、黒字に転じさせる為に74,000人が解雇されます。
この大きな違いに笑えます。

どこの国もマスメディは伝いたい面だけを報道するので信じられません。
もちろん、イメージダウンな報道も出来ないので仕方が無いのかもしれませんし、
また知らなくてもいい部分もあるかもしれませんが。

サブプライムの問題はあらゆる分野で影響が広がっているようです。
企業・個人ともにじわじわとありますね。
私の知人も職を失ったそうです。
突然あるので不思議ではないアメリカですが、やっぱり堪えますよね。

頑張れ!
[PR]

by martini_glass | 2008-02-13 10:53 | 日米論考

どうにもとまらない!   

何がって?
2008年アメリカ大統領選です。
「私達が変えるのです。他の誰でもありません。他の誰かを待っていても変わりません」
というオバマ氏の言葉を信じて多くの人々が動き出した。
これもお金が尽きるまで、オバマ氏の勢いが止まりません。

「アメリカ大統領選の民主党候補指名争いで、オバマ上院議員が10日の東部メーン州党員集会でヒラリー上院議員を破り勝利した。これまでスーパーチューズディー後に党員集会・予備選挙が行われた4州全てでオバマ氏は勝利し、勢いが今も止まらない情勢である。
一方、ヒラリー女史は10日に、ドイル選挙対策本部長は辞任と伝えられた。指名争いのヤマ場での事実上更迭は、劣勢の印象が強まっているヒラリー女史の焦りが表れている」

きゃあ~、女のヒステリーは怖いな~。
このMs.ドイルは1991年から大統領夫人時代も側近で、アイオア州とサウスカロライナ州での予備選の敗北でヒラリー女史から責められていたらしい。

どちらに入れましたか?という質問に面白い発言をしている人を見つけました。
「ブッシュがしでかした後始末はヒラリーにしか出来ない」と言う黒人男性、
やはり強い女性が好きなようです。笑。


P.S そういえば、日本では苗場スキー場でユーミンのゲリラ・ライブがあったそうですね。
その場に居合わせた人達、なんてラッキーなんでしょう・・・
[PR]

by martini_glass | 2008-02-13 09:48 | ニューヨーカーである事

言葉に言い表せない気持ち   

友人のお父様が昨日亡くなって今日は告別式でした。

友達である私達も何とお悔やみを言えばいいのか分かりませんでした。

いつもなら馬鹿なことばっかり言って笑っているのに。

そんな友達が、らしくなく涙声・・・

胸の奥のほうが痛くなりました。

彼にとって、お父様の存在がどんなに大きかったか・・・

去年のサンクスギビィングのお呼ばれに素直にお邪魔していれば良かったかな~

とか、いろいろ頭の中によぎります。

人の命は儚いですね。

「いつまでもあると思うな、両親となんとか」っていいますよね。

ああ。辛いですね。
[PR]

by martini_glass | 2008-02-09 15:34 | ニューヨーカーである事

スーパー・チューズディにむけて   

この2月3日(日曜日)は、スーパー・ボールで、ニューヨーク・ジャイアンツとイングランド・パトリオットの対戦で、どちらのチームが栄冠を手にするかわくわくするところです。
さらにわくわくさせるイベントがもう一つ・・・
この2月5日(火曜日)が、皆の注目しているスーパー・チューズディです。
ニューヨークから出馬しているヒラリー議員よりも、オバマ議員に一票を投じようと若者達が立ち上がって街の中心街を練り歩いた。それには以前は政治なんて裏工作のある汚い世界だと興味を示さなかったという20代の若者達が中心で、心からアメリカを変えられると思えたのはオバマ議員の言葉にあったという。「アメリカを変えるために一人一人にも出来ることはある」
若者達が若者達に呼びかけ行進の輪が広がっていった。
「私も参加したい。私にも出来ることがあればやりたい」そんな思いが彼らを立ち上がらせた。
先日、元ケネディー大統領の弟などそのファミリー数人がオバマ議員の演説応援に駆けつけた様子が報道され、多くの人々に衝撃を与えた。

そんなシナリオが用意されていたとは・・・・これはとても面白くなりそうです。
でも白人しかいない州では、まだ安心は出来ません。
それくらい、イカサマがまかり通るアメリカです。
[PR]

by martini_glass | 2008-02-03 13:52 | ニューヨーカーである事