<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

歯が抜けた夢   

奥歯が二本一度に抜けた夢でした。
小さい奥歯と大きな奥歯とはっきり覚えている。
それも私が手で引っ張ったから抜けたというまぬけな夢でした。
夢の話の前後が無くて夢って本当に変ですよね。

歯が抜ける夢ってどういう意味があるのでしょう。
あまり良い意味ではなさそう・・・・

夜中に起きて、「歯が抜けた!」と騒いだそうです。笑。
子供の頃、乳歯が抜けたときには嬉しかった記憶がありますが。ねえ。

私自身には親知らずは生えていません。
昔、虫歯で歯を抜いたことがあるので歯を抜く・抜けることに抵抗があります。
歯だけは二度と生えてこないし・・・
早く再生治療の研究が進むといいですね~。

歯は大事。大事な物がどっかにいっちゃうのかな・・・
それは嫌だな。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-28 02:06 | 独りごと

JETプログラム   

JET(Japanese Exchange Teaching )プログラムのことです。

アメリカの大学生のシニアには、大学院への進学組み、就職組みに加えて、
若いときだけに体験できるような社会奉仕や海外協力に1年から3年間を費やす道を選べる。
アメリカ国内では平和部隊、アメリカ部隊、ティーチ・フォー・アメリカなど、
日本では1年から5年間まで英語を教える(JETプログラム)など。

このJETには、日本政府が生きた英語を中学、高校生に教えようと、4年生の大学を卒業した英語圏の若者を外国語指導助手(ALT)、日本語を習得しているものには国際交流員(CIR)として日本に招くプログラムで、参加者国と日本との相互理解や日本の国際化増進を図ったものだそうです。

その話しを聞いたとき、将来先生になりたい人が参加するのだとばかり思っていました。
もちろん、そのまま日本で英語の先生になられた方もいるのでしょうね。

実際に、私の実家の隣の町の中学校に来ていた人とNYで出会いました。
彼も「とても楽しかった」とわずかな日本語を話します。
今はその経験を生かしてか日系企業で働いています。

なんだかいい。とても親近感が沸きました。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-25 10:14 | ニューヨーカーである事

Negative Vibration   

「暗い振動」?
私なりに訳すると「否定的な動揺」・・・です。
英語で取り入れた言葉を日本語に訳すことは出来ません。

私にはこれがあるそうです。
これは日本人的気質なのだと自分では勝手に思い込んでいます。
そういう意味じゃ私はアメリカンナイズされていないと・・・。
アメリカ人のようになんでも楽観的に考えられない。
そういう部分で前向きじゃないと言われる。

怖いもの知らずにならなくてもいいけど、もう少し明るい展望を持ってもいいんじゃないの?

どうなんだろう。どうしたらいいのだろう。
小心者には難しい・・・成長過程において自分で作り出したものだから・・・
皆も持ってる?

何かを始める時は「肯定的な動揺」だけど、一度転ぶと違う動揺が生まれる。
否定された経験から人生そんなに甘くないんだって保守的な発想を埋め込まれる。
経験して学ぶというか・・・

「なんとかなるよ」・・・・・・・・・アメリカ人
「なるようにしかならない」・・・日本人

この差は永遠に平行線で埋められないのでした。あはは。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-24 23:58 | 日本人である事

とらば~ゆ in NY   

誰しも一度は経験したことがある、お仕事探し・・・
今回は、通称HR(エイチ・アール)、Human Resources(人事部)の専門家に
ちょっとためになる、お話しを伺うことが出来ました。(証券マンの巻)

自分が働きたい業種・職種がはっきりしていることは、エージェンシーに自分を売り込む上で当たり前の事なのですが、それよりも自分の経歴(窓口の何なのか、セールスでも何なのか、どういう部署だったのか)をもっと具体的にし、またそれを理解出来るエージェントに会えるともっと強い。そもそもそこまで踏み込んで知識のあるエージェントがいないという実情もあるのですが。これが中途採用の人には結構必要なんです。特に「この職で働きたい」と思いの強い人には大切ですね。
逆に言い換えると、この職種なんだけど、他の業種にも必要な部署があるはずだから、あるかもしれないということを知っているエージェントだと幅広く紹介を受けることができる。そうすれば業種を限定する必要は無いかもしれないという事ですね。
見方を変えて自分でも出来る事の詳細とその関連業務が、どういう企業のどういう部署があるのかを知ることも一つの手立てですね。例えば、銀行でも証券を扱う部署があるなど・・・

一番気になる市場ですが、求人をしている企業は日系でも大手くらいで、例えば、証券であれば、大和、住友、三井くらいで、その他は人繋がりで入る人の方が多い。それも、今ある形の中で辞める人がいれば、その人のやっていたパーツがたまたま自分の専門・得意分野などに上手くはまればいいけれど、また将来的に役に立ちそうな特技(Mandarinを話せる)を持っているとか・・・証券の市場はまだまだ日本の方がいいそうです。そもそも絶対数も少ないのでしょうね。

次に自分がどのようなスタンスで働くのか。
4~5年働きたいだけなのか。ずっと海外で生活していくのか。
女性は特に結婚という節目があるので、それまでなのか、一生働く気があるのか。

とりあえず、日本より自分から積極的に動く必要があるのは言うまでもないようです。
大変ですよね。私も人ごとではないのですが・・・ね。

話しは違うけど、おまけ。
不動産エージェントがNYでビルを一軒売るとその手数料で暮らしていけるそうです。
資格を持っているって強いですね。
こんな博打のようなお仕事には売るまでの経費が掛かりそうですが。
私は普通のお仕事で地味に生きていきます。笑。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-24 09:51 | ニューヨーカーである事

日本語カスタマーサービス廃止   

日本語の通訳サービスのことなのです。

暮らしに必要な英語はできるとはいえ、社会に出るとかなりの専門用語が氾濫している。
病院、銀行、信販会社、検察庁・・・ほかにもあるような・・・
専門用語・・・その業種でしか使わない。

「英語が分からない」となると業務に支障があると考えるお客様サービスは、
24時間通訳を駐在させ、電話などの問い合わせには日本人に転送する。

「あなたは日本人ですか?日本語カスタマーサービスにつなぎます。」
「はい・・・」
「どうも始めまして。◎X△といいます。」

「whsaoーiyojgtapjanvawn0e kdv`~mvkdldmwnpweu8n」
「All right, NO problem!」

「あの・・・全部通訳しますので、分かるところだけ勝手に返事しないでください。」
「はい。すみません。」

怒られましたよ~。
そうか・・・銀行でも年々利用する人がいなくなったそうです。
病院ではまだ必要だと思いますよ・・・
日本人看護婦さんがいらっしゃればいいですけどね。

日本のデパートでも同じようなことを始めたそうですね。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-20 08:54 | ニューヨーカーである事

この10年間でエキサイトしたこと・・・   

あ~。結構事件がいっぱいあったんですよ。これってのは決められません。

この10年間に起こったニューヨークでの事件は、あの世界貿易センターに旅客機が追突した事です。私は家で寝ていて、実家から電話で起こされました。大勢の人が逃げ惑った怖い体験をしながらも、私は怪我ひとつなく元気に生かされています。

真夏のある日にニューヨーク市内は一斉にブラックアウト。
帰らずに路上で夜を明かす人達、歩いて家路に向かう人達、思いはそれぞれに・・・
やさしいロウソクの明かりで過ごした一晩は原始時代にタイムスリップした気分でした。

私があまりにも帰省しないのに痺れを切らした両親が、アメリカ旅行を実現させて遊びに来てくれました。ハワイ、ラスベガス、カナダと3回とも私は会社に休みを貰って、お供させていただきました。おばちゃんパワーは凄いですよ。何があろうとも動じない強かさが面白いです。

もっと細かいこともあったような・・・

ああ、うちの子の耳が遠くなったのでした。きゅうちゃん~。
左犬歯も抜けて、すっかりおばあちゃん・・・・体調もくずして
もう死んじゃうんじゃないかって心配で心配で寝れなかったのでした。

学生に戻った2年間の忙しかったこと・・・無事に単位を取り終え卒業できます。
大人になってからの知的好奇心は心地よかったです。

マイレージを貯めているため、日本に帰るときに往復国内線でファーストクラスに乗れた~。
ちょっと広かった(^。^)し、ちょっといい待遇なのです。

クリスマス前に救急病棟に飛んでいった請求書が600ドルだったこと。
アメリカの医療費の高いことを物語ります。

振り返れば良くも悪くもエキサイトした出来事がいろいろとありました。
今年も何があるかしら・・・楽しみです。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-18 11:06 | 独りごと

Welcome to Hollywood!   

今年も「アメリカン・アイドル(シーズン7)」が始まりました~(^^)イエ~!
国民的ナンバーワン能天気テレビ番組です。

なんといっても、今年は辞めると言っていたアメリカン・アイドルの審査員の
一人でサイモン・コーウェルの辛口の批評が面白い。あっははは。
リアリティ番組が多い中でも視聴者参加型番組の最高峰だと思う。
変な嗜好の人、音痴な人、危ない感じの人といろいろ・・・
アメリカ人ってこんな個性の強い人達ぞろいって笑っています。

日本のオーディション番組に比べると全然粒ぞろいでなく、
なんでもオッケー見たいな自由さがいい。

ウッキペディアは誰が書いたのでしょうね。
なかなか細かく書いてますよ。

アメリカン・アイドルについて詳しくはこちらを読んでみてください。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-17 10:29 | ニューヨーカーである事

慈善活動家   

アメリカで慈善活動家として名を連ねているのはNY市長のマイケル・ブルーンバーグ氏です。
2007年のNO.1に選ばれました。
その金額、2億500万ドルを非営利事業のチャリティーに寄付したとのことです。

2004年には1億3800万ドルで10位
2005年には1億4400万ドルで8位
2006年には1億6500万ドルで10位

主にアート、教育、ヘルスケア、社会奉仕に関係する約1100もの非営利団体に寄付をしていたことが慈善活動専門誌「クロニクル・オブ・フィランソロピー」のレポートで分かった。

他にはヒルトンホテルのウィリアム・ヒルトン
メトロメディアの創始者のジョン・クラッジ
シティーグループのサンフォード・ウェイルなど有名な方々・・・

同市長は、NY市からのお給料は1セントしか受け取っていないという有名なお話もあるのですが、これほどの大大大金持ちなんですね。初めて知りました。ため息の出る金額です。

お金に目のくらまない、このような方に国の政治を任せてはどうかと思いました。
実業家なので、政治家に向くのかどうかは分かりませんが・・・
[PR]

by martini_glass | 2008-01-16 10:45 | ニューヨーカーである事

日本語読みは混乱する   

世界のニュースを地元の放送局から聞いていると、
例えば「北京」を「ペキン(peking)」とは言いません。
wikipediaによると、日本が使う「ペキン」というのは中国南部の唐音に由来する歴史的な読み方で、今の中国標準語では「ベイジン(Beijing)」と言い、世界では他に「ペカン」「ペッキーノ」など
読み方もさまざまとあります。
今更なのですが、英語圏では「ベイジン」なので、
国によって国の呼び方が違うことで混乱していました。

他にも、旧ソビエト連邦内のロシアに次ぐ第二の独立国である「ウクライナ」です。
アメリカには89万人のウクライナ人が移民してソ連崩壊後も増え続けているそうです。
「Ukrainian」を日本語読みすると「ウクライナ」、ポルトガル語の表記「Ucrania」に近い。
日本語では50音の「U」を「う」と発音するため、
これも英語圏とは音の違いだと思うのですが、日本語発音では通じません。
「ユクライン(Ukraine)」でした。

他にもあるかもしれませんが、とりあえず気にしていたのはこの二つでした。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-12 12:13 | 日本人である事

オバマ候補   

ニューハンプシャー州で予備選挙で№1候補はオバマ氏という世論調査がでた。共和党支持者の平和活動団体からは、共和党ならハッカビー候補、民主党ならオバマ候補だろうと予測している。クリントン候補には「自分の利益だけを考えている。とても変革を担える人物ではない」と一蹴した。

白人ばかりの古い土地柄の同州。昔は人種差別がまかり通っていた。今では黒人の大統領誕生に抵抗感はなくなっていると、ブッシュ政権2期8年続いた後の「変化待望論」に熱気が伝わってくる。

重要なのは「性別ではない」かもしれない。
でも女性大統領にそれほど何が期待できるのであろうか。
国民よりも国益を第一に考えれる人であれば、
今のブッシュの考え方に変わりはないであろうと言われている。
[PR]

by martini_glass | 2008-01-08 11:46 | ニューヨーカーである事