<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

「SAW Ⅳ」 とXJAPAN   

よいこの皆さんは見なくていいのですが、
ホラーファンには見逃せない映画の一つでしょうか。

先週末劇場公開されました「SAWⅣ」を観てまいりました。
片手で目を覆いながら、片腕は相方にしがみ付きながらでも観たいという馬鹿です。
巧妙なトリックと現実離れした怖いもの観たさです。
ちょっとグロイのでお勧めはいたしません。
少しでも不意に何かが現れようものなら、飛び上がります。
私を見ているほうが面白いと言われながら、しぶしぶ付き合ってくれます。

内容はさて置き、エンディングテーマに流れたのがXJAPANでした。
彼らの曲はフレーズを聴けば判る程度ですが、自分でも分かったのが驚きでした。
「I.V.」と分かったのはもっとあとですけど。
この映画のために英語でレコーディングしたのですね。
あたりまえか。全米で流れていますよ。

これにはYOSHIKIが他の作品でテーマ曲を作曲したことからオファーがあったらしい。
意外な接点を見つけて一人喜んでいました。
ファンというほどでもないけど。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-30 01:55 | ニューヨーカーである事

オバマはアメリカの「希望」になれるか   

ついにクリントン議員は独走態勢に入った。

これも映画「シッコ」効果であろうか?
国民皆保険を柱とする医療制度改革案を発表してから。
アメリカには無保険者が5千万人以上といわれる制度の不備をついた
マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」のヒットで、改革の必要性が
再確認され、クリントン議員への期待は高まる一方である。
その結果、クリントン議員はオバマ議員を700万ドル上回る
2700万ドル(約31億円)をかき集めたと言われている。

前クリントン大統領は黒人に圧倒的な人気で彼のオフィスは今も
黒人が多く住む地域にあるらしい。
しかし、「クリントン議員が社会の底辺にいる人達の為に働くとは思えない」
という言葉を男性からよく聞く。女ブッシュだと。
女性はどちらかというとクリントン議員を女性初の大統領として
応援するという声を聞く。アメリカ女性らしい。

その一方で、メディアが繰り返し取り上げる、
「オバマは本当に黒人か?」というくだらない議論だ。
父は黒人とはいえアフリカ人。アメリカ奴隷の直系ではない。
白人家庭でエリート教育を受けたオバマに「アメリカ黒人」の
問題が理解できるのか?
黒人はオバマに投票すべきか懐疑的になっている、
というのがその論拠だ。

そもそも、「黒人と白人」について・・・。
黒人・白人といったカテゴリーは近代に作られたもので、
生物・科学的な根拠に基づいたものではない。
黒人の定義は奴隷制度以降、時代や地域ごとに法律で決められた。
俗に「ワンドロップ・ルール」と呼ばれる法律がある。
アフリカから連れて来られた奴隷の血が一滴でも混じると「黒人」とされた。
白人が黒人奴隷をレイプして産まれた子供も黒人になり、
奴隷制を安く維持できたからだ。
ほとんどの州で白人と黒人の結婚は禁止され、南部では公共の場で
人種隔離が続き、生活のあらゆる面で誰が黒人で誰が白人か、線引きされた。
それによって、黒人は「一滴の血」による奴隷の過去と差別を共有する
強いグループ意識を持つようになった。
マルコムX、ハリー・ベリー、マライヤ・キャリーらが、
白人の血が流れていても自分は黒人だと言うのは、
こういう歴史があるからだ。

「黒人同士助け合わなければならない」というポリティックスは、
事実、黒人票を基盤に多くの議員や市長が誕生した。
しかし、様々な考えの違いを無視するものでもあった。
今回のオバマの「黒人らしさ」が審判にかけられること自体、
彼への偏見のあらわれだし、ハーバードを出たら黒人じゃないとか、
白人に支持されたら黒人政治家じゃないとか、
ステレオタイプにまとめられるのは我慢できないだろう。
とにかく、オバマの信用を落とす為のあら捜しにすぎない。

スタンダップ・コメディーでもよく政治の話しがされる。
アメリカ人はすごい皮肉好きで、
ジョセフ・バイデン上院議員がオバマ議員のことを
「オバマは理路整然と話しが出来て(articulate)、賢く(bright)
清潔で(clean)、見た目もいい(nice-looking)、アフリカ系で
初の主流な候補者だ」と発言して黒人の呆れと怒りを買った。
白人を褒めるのにはめったに使われないというのが黒人の見方らしい。
コメディアンいわく、この手の遠まわしの言葉の方が
「ニガー」よりも悪質らしい。

ダイエットで最後の2~3キロを落とすのが一番大変なように、
人種差別も最後の痕跡を取り去るのが一番難しいのだなぁ。
選挙権はないけれど行方は気になる。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-26 10:17 | ニューヨーカーである事

70万人突破ですって   

北京五輪組織委員会に応募した来年北京オリンピックの大会ボランティアの数。

募集した「定員」7万人の10倍にもなったそうです。

面白そうだけど、大変そうだな~

中国語と英語と出来る人は行きたいでしょうね。

私の知り合いにも中国が大好きで毎年のように出かけている人がいます。

なんせ運賃・物価が安いので良いホテルに泊まっても余裕なところと

食べるものが美味しいんだそうです。

富裕層が増えてきている中国は今後も注目の的ですね。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-21 06:58 | 日本人である事

「キャンディーストアー」と呼ばないで   

今日、ランチをしたときのことです。
「この後どうするの?」と聞くので
「プラプラして帰る」
「あのキャンディーストアーには行かないの?」
「はあ?」
「ジャパニーズ・キャンディーストアーだよ」

確かにロックフェラプラザの前には紀伊国屋書店があって、
2,3件隣には源吉兆庵があります。
ワインショップにディーン&デルカもあります。
どれだ?う~んと・・・考えたところ、
やっぱり、源吉兆庵のことでした。

え~、確かに日本のスイーツはちっちゃくて、
一個一個包装してあって可愛いけど、
お饅頭やどら焼き、あられ、カステラ、羊羹
一個2ドル50セントから並んでますがね、

あれ、キャンディーストアーでしょうか?
[PR]

by martini_glass | 2007-10-21 06:45 | ニューヨーカーである事

毎回思うことがあります   

NYに来て以来たくさんの方とお知り合い、お友達になりました。
日本に帰ってからも「NYに住んでるんですよ」という話しからお近づきになりました。
結構皆さん、「NY好きなんです~」とか、
「西海岸にホームスティをしてたことがあるんです」
「オーストラリアにワーキングホリデーで行っていたんです」
「JICAから中南米にボランティアに行っていたんです」
「旅行が好き」、「アメリカが好き」
「妹夫婦がアメリカに住んでいるんです」
「ドイツに友達がいるんです」
など何らかの形で海外とつながりを持っていらっしゃるんです。

「いつでも遊びに来てね」と軽く言っています。
その後に「泊めてあげられないけど・・・」と小さな声で。

そうなんです。大邸宅なら宿泊費を心配するな!と言えるんですけどね。
すみません。
ただ、広いだけでプライバシーがないんです。
長期滞在は厳しいのではないかと判断するんですよ。
どうでしょうか?
[PR]

by martini_glass | 2007-10-17 01:20 | ニューヨーカーである事

気分上昇   

気がつけば10月も半ばになっていて、

明日からまたお仕事お仕事・・・

元気にやさしい気持ちで行こう。

なんだかとても気分がいい。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-16 07:00 | ニューヨーカーである事

音を立てて物を食べる日本人文化   

アメリカ人がいう。

「は~」「え~」「ふ~ん」「ね~」「う~ん」

擬音語が多い日本語はうるさい。

「はい」がやたらと多い。

味噌汁、うどんの汁を飲むときの音、そばを食べるときのすする音。

人が発する音にそれほど気にはならなかったのに、

そんなことを言われると食べる人が気になってしまう。

確かにアメリカ人は熱いものを飲んだ時に「あ~」とは言わない。

面白い。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-14 07:59 | 日本人である事

羊からの贈り物   

NYの空もすっかり秋らしくなりました。
朝はちょっと肌寒いです。

この時期になると通勤の行きかえりに見かけるのは
編み物をする女性たちです。
厚手のニットのカーディガンを着ていた女性が
私の隣で小物を編んでいました。
懐かしさと器用さに
みんなの視線がその人の手元に釘付けになります。

茶色に統一された毛糸たちで
モヘアにリボンが結ばれた毛糸や
ラメ入りの毛糸や太さのの違う毛糸や
たくさんの色が使われている毛糸
縞々模様に出来上がるようでした。
ニットの帽子かな。

NY市民は冬支度にはいってるのだと思います。
頭からも体温が奪われるのです。
それくらいNYの冬は寒いから
羊さんからの贈り物を今年も大事にします。

私はって?
う~ん。編み物しなくなった(^^;
[PR]

by martini_glass | 2007-10-13 00:19 | 私の日々雑感

a verdor machine 奮闘記   

今週の火曜日に20ドルのチェックがMTAから送られてきた。
送られてくるのに土日を挟んで10日かかっている。
文面は丁寧に詫びの文章が並んでいた。
大手企業がお客様をないがしろに出来ないわよね。
わずか20ドルだけど良かった。

そもそも、その日はまだ時差ぼけがあって体がだる~い日だった。
地下鉄に乗ろうとMTAカード10ドル分の回数券に20ドルのお札を自動販売機に入れた。
すると、いつも目にしないメッセージが現れた「20ドルカードはいらないのか?」
当然「NO」を選択したところ、画面がスタート画面にもどったのである。

「うそ~!」

駅のブースに座っている人にこの状況を伝えると、相変わらず無愛想に

 女 「あんたが20ドル入れたからよ。6ドル以上のおつりは出ないのよ」
 私 「そんなの知らなかったわ。どうしたらいいの。お金返して」
 女 「レシートもってらっしゃい」
 私 「レシートどころか、カードもお金も何も出てこないわ。突然画面が戻ったんだから」
 女 「1800メトロカードに電話しなさい」
 私 「分かったわ」

人に会う約束の時間に遅れそうで、その場はおとなしく退散しました。
まあ、駅の管理をしているはずの人たちの態度と、
全然役に立ってない腹だたしさといったらありません。

管理体制が違うので無理もないのでしょうが、
帰宅後、MTAの会社に電話をしてみました。
現金で何も証拠のない私の話を信じてくれるのかが心配でしたが、
買おうとした時間とその機械のナンバーを告げれば了解してくれました。

それをすぐさま、友達に話すと
「現金は証拠が残らないからカードでしか買わないわ」
旦那にも「現金で買うときはブースで買ったほうがいい」
日ごろから注意を払っていたのに、たまにこういうことに陥る私でした。
そうですね。今後気をつけます。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-06 00:43 | ニューヨーカーである事

刑事告発のゆくえ   

全国で起きている年金着服事件の告発を見守りたいです。
舛添厚生労働大臣がどこまでするのか見ものです。
全額弁済しても、懲戒免職になっても、依願退職していても、
自分がやっただけの罪の重さを知るべきです。
そして法の元に裁きを受け償うべきだと思います。
告発しないなんて甘い!

私はどちらかというと正義の見方なのです。
ずる賢く世の中を渡っている人が大嫌い。
まともに生きている人が馬鹿を見る世の中ではいけないのです。
蹴飛ばしてやりたい。
ふざけるな!

公の立場で、なんでも臭い物に蓋をしたがる人たち、
それが一番情けないことなんです。
[PR]

by martini_glass | 2007-10-05 10:52 | 日本人である事