<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

梅雨明け宣言と私と父   

日本列島は全国的に?梅雨明け宣言をしたのでしょうか?
今日も蒸しますね。寝苦しいのは嫌です。
湿度に弱い動物の気分です。そんなのいましたっけ?
田舎は窓という窓、ドアというドアを開け放して一日を過ごします。
近所付き合いのたまものでしょうか、皆さん平気ですね。

学校に行かなくていい日は私もT-シャツとジャージ姿の日が続きます。
午前中は涼しく南側の部屋でレポート作成がサクッと進みます。
夏休みは去年同様、市立図書館で資料集めをします。
たまに何でこんなこと始めたのかなと思うときがあるけども・・・・
「現代日本文化事情」が一番のネックになってしまった。
何せ地理・歴史・一般常識だなんてさ~今更おさらいするのはキツイな。

明日は父親の通院に付いて行く日です。
食道から胃にかけて静脈瘤が育っているとのこと。
いつ破裂してもおかしくないし、次から次へと出来てくる厄介な病気だそうです。
本人はそれほど苦にもしていなく、あっさりと出かけていくので楽ですが、
病気の治療を拒む人が居るそうです。
がんの手術をしない選択をする人もいるのですね。
選択の自由ですが、それは困ります。
長生きして欲しいもの・・・・生きてる間は病気と闘って欲しいものです。
[PR]

by martini_glass | 2007-07-25 17:36 | 日本人である事

JULY 4TH   

今年も個人的には何のことはなくJuly4thを迎えました。
日々たくさんの人が自由と権利を求めアメリカにやってきます。日本人も75万人とか。永住を考える人はアメリカ市民権を得ています。アメリカで生まれれば自動的にアメリカ市民です。今も続々とメキシコを始め中南米からの移民が国境を越え、その違法滞在・違法就労ぶりが現状です。彼らの場合は英語を話そうともせず、自分たちの文化をそのまま持って家族でアメリカ生活しようという考え方で、その現状を把握し切れず、ある種野放し状態がねずみの繁殖のようである。その中で彼らにアメリカ市民権を与える代わりにイラクの戦場に送ろうと考えた人がいます。アメリカ市民になるという事は連邦政府の法律に従い、アメリカに生涯の忠誠を誓い、愛国心を持つということです。今のところ徴兵制は無いにしても、法案成立次第で市民権との引き換えに徴兵制を課せられる。今後起こりうる事です。
それと2007年度の永住権最終申請受付の差し止めという異例な国防省の動きがありました。
アメリカの動きに驚かされるJuly 4thでした。
[PR]

by martini_glass | 2007-07-07 07:29 | ニューヨーカーである事

スティーブン・スピルバーグ   

この人も毎回期待をしてしまう映画監督の一人です。
昨日全米で大公開された「TRANSFORMERS」を早速観てきました。
日本のTVアニメだったのですね。
実写とCGの駆使がますます加速する中で、動きを追うだけで目が疲れました(笑)
夢のある話で大人が見ていてもかっこいいと思います。
アメリカの国防総省ペンタゴンやエアーフォースたちを取り込んで戦う辺りが、アメリカの子供達を凄いと思わせる部分で、アメリカらしい作り方です。

家のコミックマニアも大好きで隣で拍手していました。

最近、映画チャンネルで「北斗の拳」を放映しています。
初めて見たのですが、結構日本のマンガって大人が見るのはヴァイオレンスですよね。
血がドバーっと露骨に表現されてえぐい。あれはPG18です。子供は見れません。
強靭な力を持つ主人公が受けるのは分かります。
あの「あちゃちゃちゃ・・・・・」という部分はそのまま健在でした(笑)

あとはブルース・ウィルスの「ダイ・ハード」を観に行きます。
映画三昧です。
[PR]

by martini_glass | 2007-07-04 22:51 | 私の日々雑感

ギャルソン   

ギャルソンという言葉を知ったのはブッティック「コムサ・デ・モード」が流行っていた頃のこと。ファッション雑誌の影響は大きくてハウスマヌカンだとかギャルソンだとかいう言葉で溢れていた。でもギャルソンって男の給仕・使用人のことなんですね。外来語には日本的に解釈して使われている言葉がいっぱいある。

世界で活躍している日本人を知ることができた。
パリの中心市街地にあり、世界の著名人・有名人が訪れる老舗のカフェのギャルソンに日本人が初めて起用された。かといって凄い競争率かと言えばそうじゃなくて、フランス人しか雇わないという伝統がただ引き継がれてきただけのこと。人を雇うときに同じ人種を雇うことは人種差別ではなくごく普通のことなんだとか。それは当たり前に当たり前の事が分かるし出来るから。

ギャルソンというお仕事、日本のウエイター・ウエイトレスのように思われるが、かなりキツイ肉体労働である。定番の大きいトレーを左腕だけで支え、ワイン・グラス・料理を乗せて器用に運ぶのだ。右手はグラスを並べ、ワインの栓を右手だけで抜き、どんなに急いでいても軽やかに注ぐ。テーブルや椅子を整え、灰皿を置き、背中でお客が立ち上がるのを察し、ドアにお客が入ってくるのを見逃さない、タバコを持つお客にはさっと火をつける。狭い店内は自分の持ち場が決まっていて、フロアーからカウンターまでを同じ歩数で歩くよう心がけているという。その立ち姿はモデルのようでもあり、ホストのようでもある。自分はギャルソンを演じる役者でお客はそれを楽しみに来る観客であると彼はいう。その通り、彼の立ち姿が好きでサービスを受けたいという常連客が連日訪れる。常連客の話にも耳を傾け粋なジョークもこなすマナーも心得ている。日本人の気配りや心遣いが伝票の置き方にも現れていて、必ず裏向けに置くようにしているという。

大学卒業後に、その店の支店で働き出した頃、本店からやって来たフランス人の本物のギャルソンの凄さに驚き、ギャルソンを極めようと本店フランスに行こうと夢を追いかけて単身で飛んだ。日本とは違い固定給はなく、チップ制、お客の食べた15%が収入になるだけ。相当の覚悟が必要である。身体が資本なので調子が悪いとトレーを持ち上げる事も立っていることすら苦痛になる。無給でもいいからと不器用な人を修行をさせてくれる暇な店ではない。厳しいからやっている価値がある・・・という。

夢を追う若者を応援したい。頑張る人を応援したい。
[PR]

by martini_glass | 2007-07-04 00:51 | 私の日々雑感

・・・時間が足りない?   

早い!もう今年も半年が過ぎてしまった・・・。
まだ物理と現代日本と現代中国と社会言語学と日本語評価法が残っている。
やばいではないかい?今年も何処にも行けそうにない。
当たり前だよな~。遊びに行ってる暇があればレポート出さねば。(><)ぶつぶつ。

・・・・と言うことで、今年も私の都合により夏に里帰りします。
去年の夏も日本で過ごしたのですが、湿度で顔と首に汗疹がいっぱいできました。
冷房を入れる気はないらしく、今年も死にそうに暑いと予想します。
7月11日から日本です。太って帰るのが恥ずかしい。
関空でむさ苦しい女を見たら、それ私かもしれません(笑)
華奢でないと日本人に見えないかも?

気がかりなのは愛娘「きゅうり」のことです。
何かあってもすぐには飛んで来れない。
・夏バテしないか。 ・病気はしないか。
・ご飯を食べるか。 ・お腹こわさないか。
・日中寂しくないか。 ・ストレスはないか。   ママはすごく心配でちゅ~よ。

とにかく、ご飯とおトイレ当番の相方に催促するのよ。
バシバシッと起してもいいからね。(^^)
[PR]

by martini_glass | 2007-07-03 02:40

年金の問題   

年金加入記録問題にはちょっと驚きました。
公務員による悪の温床はあちらこちらで起こっている中で最悪の事態となりました。
阿部総理大臣を始め、厚生労働大臣以下社会保険庁全職員がボーナスの一部を返還するにしても許されるべきものではないように思います。
国民は今後もしっかり見張っていないといけませんね。
早く私の年金加入記録を送っていただきたいものです。

今後、社会保険庁が民営化するとどうなるかという事も予想せざるを得ません。
現在の生命保険会社や損害保険会社の未払い・不払い問題を見れば意とも簡単に予想がつきます。払っているにもかかわらず、何らかの理由から保険料支払いを拒否される。
そんな事は保険料を納めている被保険者には想像も出来ない事です。

「sicko」を昨日観てきました。立ち見もでるほど満席でした。
被保険者達の実態が数多く盛り込まれて、真面目に聞き込み調査していたムーア氏。
一回り太られましたね。身体は関係ないけど一番健康そうな所が説得力ないよ。
しかし他人事と笑っておられません。この現実が痛いです。悲しいです。

諸外国では日本の保険制度には問題ないと思われているようですが、
アメリカに続く事のないように願いたいです。
[PR]

by martini_glass | 2007-07-02 00:56 | 日本人である事