<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

NYのホームレスはどこにいる?   

都会特有のホームレス達のその数は年々増えていると報告されています。
それぞれ何かの理由から家賃が払えず裁判所命令で家を追われたのだと思います。
若者にありがちなドラッグに溺れた、ギャンブルに溺れて離婚された、カード破産に追い込まれた。死ぬ気になって働けば家賃くらい払えるはず。でも現住所があって連絡の取れるところに住んでいないとまともな仕事に就けないのは日本もNYも同じです。

NYのホームレスは東京や大阪のホームレスとは違っていつも一箇所に集団で寝泊りしていません。一応ホームレスの収容所はあるらしいのですが、毎日数時間の労働をしないと寝泊りできません。食事もあるそうです。でも、精神的にも病んでいる人が多いのか集団生活を嫌がるのか、外で大きな荷物を抱えたまま街を徘徊している姿を見かけます。スーパーマケットのカートに全財産を乗せてどこからどこまで歩いていくのだろうという人もいます。街角に座り込んで物乞いをしている人、動物も犠牲にして座っている人、地下鉄で物乞いしている人と人種・老若男女問わずさまざまです。残念ながら日本人も見かけました。とにかく彼らは街の管理体制が厳しいため、一箇所に留まっておられず徘徊しているのか何処にいるのか分かりません。冬の人が外に出ない日にセントラルパークで凍死しているホームレスも聞きます。夏の熱帯夜に捨てられた車の中で死んでるホームレスも聞きます。

数年前の冬のある日、1人で5番街を歩いていました。あの雑踏の中、黒人の女の人が黒いゴミ袋から頭と手足を出して街角に素足で立っていました。私は「ジョーダンでしょう」と目を疑っていた所へ、ある老紳士が彼女にトレンチコートを差し出して片に掛けてあげているのが目に飛び込んできました。よく周りを見渡しても、日本のTVショーのように誰も出てこないし、現実なのだと凄いショックを受けました。

もう一つショックだったのが、ティーン達です。隠しカメラが追ったのをテレビで見ました。よなよな寝るところを探すために車が止まるのを倉庫街で立ちます。それを知ってか知らないでか、白人のお金持ちは一晩に2~3,000ドル女の子達に払うそうです。そして今日の寝床の確保。中には昼間はNY市立大学に通うという普通の女の子もいました。彼女達も立派なホームレスです。家出なのか、両親が亡くなったのか、身を寄せる所がない、こんな事は長く続けたくないけどという子は少なくない。

「生きてさえいれば、死ぬ気になれば何でも出来るわよ」と言った友達の言葉もある意味怖かったけど、街には悲しい物語がいっぱい流れている事を知らされたのでした(涙)。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-30 09:51 | ニューヨーカーである事

$1,000 REWARD   

最近地下鉄のあちらこちらにNY市警察発行のチラシを見かけるようになりました。
「1-866-GUN-STOPまで匿名で連絡をください」
銃の取り締まりに公費を使って懸賞金を掛けようというもののようです。

先日、アニマル・ドクター・オフィスで見かけた「迷子猫に$1,000 REWAD」と変わらない金額です。ちょっと銃規制にしてはどうなのでしょう。迷子猫にしては金額が高いのか・・・
そして、そんな簡単に密告できるモノではないと思いますが。
日本のように特殊な人が持っているのとは違って、普通の人が持ってるのですから。
他の州から引っ越してきた人達が要注意です。

昔、何かの映画で、「懸賞金を出す!」と市民に呼びかけたら皆ぞろぞろと、お金欲しさに拳銃を差し出しに来るんですよ。あのアメリカらしい単純な発想には笑えました。

日本でも犯罪者の情報収集に公費の懸賞金を出すというケースがあるようですね。
でもいくらくらい貰えるのでしょうね。
あはは。オバサン根性丸見え・・・
[PR]

by martini_glass | 2007-06-30 08:20 | ニューヨーカーである事

米アップル   

iphone 本日発売!6月29日6PM。

アップルストアとAT&Aストアには熱狂的なファンが並んでいた。
購入請負の並び屋までいるそうです。
ある人は100ドルで8時間列に並んでるという。
アメリカでは初の多機能メディアプレアーとして相当期待されている。
無線アクセス、音楽、動画、インターネット、カメラ・・・
4ギガバイトのフラッシュメモリー搭載で499ドル、
8ギガバイトで599ドルだよ~。月額料金は59.99ドル~2年契約。
そんなにあっても使いこなせないと思うけどな。

私は価格も下がって不具合が無いか確認できてからでもいいかな。
ちょっと気になります。はい。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-30 07:01 | ニューヨーカーである事

親の気持ち子知らず   

猫もべったり育てれば人好きで穏やかな子に育つのでしょうが・・・。
どこで育て方を間違ったか、「あんたのせいだ」と毎回ふくれっ面の私。
病院嫌い・人嫌いは動物の本能だけども、やっぱり飼い猫なんだからね、
家族として生きていくんだから健康診断を受けることは必要なんだよ。
一生分かりたくないでしょうけどね。

推定年齢14歳、人間年齢72歳。雌。NY生まれ。体重5kg。シャムの雑種。目の色ブルーグレー。柄はこげ茶と薄茶のマーブル。このたび写真をアップしてみました。
光が足らなくて薄暗くなりました。しばらくこれでいきます。

前回の記事にも書いた、耳が遠くなった事から気になってちょっと早めに健康診断に行く事にした。彼女のストレスと、この気温の高さから歩いて3分で行けるドクターオフィスにした。
以前通っていた病院にはあまりにも嫌な記憶が多過ぎで暴れる事が予想された。
大病院だったので、経験の少ないドクターが毎回替わるし、彼女は暴れるのでアシスタントに押さえつけられて裏で処置させるので私達は彼女の様子を見る事が出来なかった。カルテだけでは彼女の履歴を断片的に見るだけだし、ドクターを替える事に抵抗はなかった。

今度のドクターは女性だけど、どんなに暴れる彼女を見ても動じない人で、よかった。
やはりアシスタントが必要で素手で起用に彼女の4本足を捕まえた。
14歳の高齢にしては普段見せないエネルギーがあった。
おしっこをお腹から注射器で吸引する様子や後足から血液採取の様子が目の前で見れた。
両耳も中を覗く事ができた。左の耳に何かゴミのようなものが見つかった。
できものもあって、バクテリア撃退のお薬をもらって、やっとのご帰還でした(笑)

その間私は、「絶対に手を出さないでね」とドクターに言われ、手に汗を握り、気が付いたら相方の後ろに回り、シャツを両手でしっかり掴んでいました。
あはは。私の方がすっかり興奮してしまいました。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-30 00:58 | 私の日々雑感

マイケル・ムーア   

毎回、この人は面白い旋風を巻き起こしてくれます。
そうです、あの「華氏911」でアメリカの社会問題にメスを入れてきたドキュメンタリー監督。
その最新作が「SICKO」です。日本で公開されるのかどうかは分かりません。

世界最強の影響力を持つ大国アメリカには、国民健康保険がありません。
健康保険の質はと言えば、世界37位だとか・・・誰が調べたのでしょう。
そんなアメリカの健康保険制度の弊害と矛盾について、カメラを武器に政府関係者に戦いを挑むマイケル・ムーア氏はバイタリティーがあるなぁ~。

私も相方の会社の保険に加入していますが、会社によって加入している保険の会社・種類が違います。会社が変わっても同じ保険の会社・種類であればいいのですが、変われば、そのたびに内科、婦人科、歯科のそれぞれのドクターを登録しなくてはいけません。会社によっては個人に選択の余地がたくさんありすぎて、一体どれがお得か複雑で悩みます。時には会社自体が保険会社を変えることや病院自体がそのネットワークから抜けることがあって、またいちからドクター選びと本当に頭にきます。当然、私に必要な日本語を話すドクターがネットワークに入ってないと全額カバーされません。自腹でもいいのならそのドクターに通う事は出来ます。でもバカらしい。あまり遠くまで出かけたくはないし、絶対予約が必要で、緊急を要する時は「救急病棟に行きなさい」と冷たくあしらわれる。利用者側としては高い掛け金で利用しているのにと理解しきれません。利用者が増えると当たり前に年々会社の負担額も増えるし、それと個人の負担が大きいからと加入していない人達もいっぱいいます。保険が無いと病院側の待遇が明らかに違うので一つ間違えば命を落としかねません。
死ぬしかない選択肢です。

もちろん保険の利く範囲の治療と利かない治療とあるように、薬にもブランドとノンブランドとがあります。それを確認しないでいるとブランドを使われていて後で金額にびっくりします。支払いはクレジットカード精算なので病院は貰い損ねることなく、長期に渡る治療をすると中流家庭の患者と家族すら、いっきに借金で火の車に陥ります。娘の乳がんの治療費で破産せざるを得なかったという人もいました。病気にならないように生活しなくっちゃと思います。

ヒラリー女史はアメリカに皆保険制度を大統領選の公約に打ち出していましたが、このアメリカの貧しい人達全員を恒久的に支えられるお金が何処にあるのでしょうか。まず払えない人がいるのですからどうするのでしょうね。現実は厳しいです。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-28 04:28 | ニューヨーカーである事

「教育の格差」を読んで   

近年の日本は中国との国交正常化に勤めている。それに伴い私達国民も中国を知らずに過ごせないのではないかと考える。中国語話せるようにとは思わないのだけど中国を少し理解したいと思う。

近年、高い経済成長率を維持し発展を遂げている。一方では中国内陸部などの地域的、構造的な格差が大きく、貧困地域がまだまだ多くある事はメディアを通して知っている。
その中でも第一の問題は「教育の不平等だ」と王講師はいう。

「過去20年間で中国において最も値上がりしたものは教育費で、大学生の学費は過去20年間で25倍にも上昇した。教育を受ける機会に恵まれない貧困家庭の子女も少なくない。中国の人口のうち、7割は農村に住んでいる。大都市では日本と同じような恵まれた環境の下で受験勉強に追われ、中国の現実以上に豊かな生活環境の中で育っている。他方、農村部には学校が無かったり、学校に行けなかったり、小学校を卒業できない、または中退せざるを得ない児童が貧しい地域に集中している。もちろん子供に一族の将来を託す中国人の親は多く、そのため、農村部の家庭でもどんなに貧しくても子供を勉強させたいと考える。しかし、実質上全員を学校に行かせるのは無理なので、女の子だけが都会へ出て裕福な家庭のお手伝いとして働き、毎月貰う給料を故郷にいる兄弟の学費や家の生活費に充てる。日本に留学し中国を離れて14年もの間、この農村部の女の子達10人に入れ替わり故郷に残した親の世話を看て貰った。中には驚いたことに数字すら読めない子がいた。
20年前、当時は大学を卒業すればそのまま国家幹部となり、農村部から都市住民の身分になれるようになっていた。当時は大学の学費や寮費は全て無料であり、食費も奨学金という形で食券が支給されていた。今や全て有料になり、都会と農村の間に目に見えない壁がたちはだかるようになった。
去年「義務教育法」が20年ぶりに改正され、貧困地区での義務教育の無料化が2007年までに全国の農村で実施される。貧困学生援助や奨学金制度を設け、年々その総額を増やし続けている。がまだ現状は追いついていない。銀行でのローン貸付にも厳しい制限がある。
最後に、近年の日本の学生についても、学力の低下、という問題が起こっている。大学に入った動機を聞いてみると「就職のため」「親に言われて」「働きたくないから」「大学卒業したら何をしてもいいと言われているから」と中国の農村では考えられないような答えが返ってきた。毛沢東の思想である、農村・中層下層の再教育を日本の学生にも受けさせたい。」
  (「教育の格差」より一部抜粋)

遠く離れた土地から見る外国はとてもミステリアスである。
最近の日本は海を越えてやってきた日本語を外国語として学ぶ子供達が全国で2万人いると推定されていることや、給食費滞納事件はあるものの、小学校に通えない子はいない。通わずに家業を継いでいる子など今のご時世の話ではない。日本はまだ生活水準の均一性が高い方だと思える。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-26 02:14

食品に危険を感じる   

コロッケに使われていた牛肉に他の肉が混入されていた事件、
「食べてもわかりゃしないよ」という社長さんの一言には呆れました。
牛肉という表示を信頼している消費者をバカにしてますよね。
JAS規格に認定されていたはずがどういうことなんでしょう。
何処もいい加減ですね。

昔からアメリカでは牛肉や鶏肉にしても成長促進剤が使われていると言われています。
それらを食べる人間ってやはり太りますよね。それでいてダイエット食品が爆発に売れているから消費者は本当に踊らされています。油物って簡単にお腹膨れるし癖になる味なんだそうです。それに気付いた人は肉ばかり食べないと思いますが。

そういう私も実は近年になって魚を気にして食べるようにしています。
食品のラベルにしてもあまり気にして買ったことがありません。
しかし意外と混ぜ物が多いことに怖くなります。

今回、シュガーフリーのオレンジマーマレードを買いました。
一応表示されているのは、1テーブルスプーンに対してカロリーが10、脂肪に含まれるのコレステロールは0です。塩も0g、砂糖も0g、炭水化物は5gで全体の2%です。ここまではいい感じです。中身はというと水、オレンジの皮、フルーツペクチン、イナゴマメのゴム糊、クエン酸、カリウム、ナトリウム、カルシウム、塩化化化合物、イエロー#5、イエロー#6と後、辞書にも無いような化合物が3つ入っています。
ぐえ~。考えただけで気持ち悪くなってきました。

味に切れが無い、オレンジの爽やかさが無いと不満を感じながら2回食べてしまいました。
やはり普通の甘酸っぱいマーマレードでないと気持ち悪いです。
捨てたい!
これは、まさに味音痴なアメリカ人らしい発想です。
こんな物が並んでいてもいいらしい・・・
ダイエットしてるにしても単にシュガーフリーに釣られてはいけないと思いました。

あと、野菜くだものに匂いがしません。林檎とトマトが特に・・・
先日、友人がトマトを食べ忘れていて捨てたという話をしていました。
一ヶ月前に買ったはずなのに、傷みもしおれてもおらず、艶々シャキーンとしているのを見て怖くなったというのです。農薬が使われているのは仕方が無いとしても、一体どういうことなんでしょう。スーパーマーケットでは野菜も果物もオーガニックブームです。
そうでないコーナーと並んでいます。さすがに値段がついていなかったりしてドキドキしますが、その話を聞いてから、なんとなく足はオーガニックに向きます。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-23 23:53 | ニューヨーカーである事

ペットの老いについて   

ウチにも今年14歳の老猫がおります。最近は寝ていることが多いです。

以前は67cmの窓に飛び乗ることが毎朝の日課だったのに、最近では50cmの椅子がかろうじて上れる高さのようです。彼女の中でプライドが傷ついたのか、二度と窓のところに近寄ろうとしません。失敗した所は見ていませんが(笑)

生まれてこのかた犬を飼ったことはありません。
飼い犬は性格が可愛いのは良く分かっているのですが。小学生の頃に野犬にウサギ小屋まで追い込まれたトラウマがあります。実家の隣に住む叔母が飼っているゴールデンリトリバーのまるちゃんに前足を両肩に掛けられて顔をベロンと舐められた時のショックは忘れられません。

そのまるちゃんも10歳以上になるとかで、もう散歩に行きたがらない。歩きたがらない。
犬の老いは後ろ足に顕著に出てくるそうです。お友達のワンちゃんも骨肉腫だったし、骨がもろくなるのかしら・・・人間と同じ。
痴呆も出てくるそうです。
ある日突然今までと違ったことをするのがサインだそうです。
例えば、食べても食べても貰いたいと要求吠え、ゴミ箱をあさる、
(猫にはよくある)テーブルの上にどてっと寝ている。
人間の老いに似たような老いがペットにもやって来るなんて思っても見ませんでした。

大変だな~ボケないでよ。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-22 03:34 | 私の日々雑感

市内循環バス   

地方出身者の私としてはこの毎日の便利さはとても変えがたいもので、引越しが出来ません。

日本のように時刻表はありませんが、平日の日中にもバスはのんびり走っています。
大抵がご婦人など時間に余裕がある人か、地下鉄の階段の昇り降りが苦手な人か、私のように東西に移動したい人の利用が多いように思います。

今回目に止まったのは高齢者・身体障害者です。
ただでさえ移動が困難な人達にバスは生活になくてはならない交通機関の一つです。
市内を縦横に走っているためにうまく乗り継ぎをすれば一人でも目的地に着く事が出来ます。なんと車椅子の人も盲導犬を連れている人も単身でのバスの利用に慣れています。

もちろんそれにはバスの運転手の指導やバスの整備も行き届いているから出来ることです。乗る時に車体が下がるので足の短い私にとっては嬉しいです。乗客も心得たもので、車椅子ごと乗せる誘導が先で、地下鉄の乗客のように「我先に乗り込もう」という人はいません。

これはやはり大都会という立地条件と利用客が多いからこそ出来る措置であり、多くの人の声が反映している証なんだと関心させられるばかりです。
それとアメリカは個人の自立、個人を尊重する気持ちを第一に考えている事もあって、彼らは決して健常者のお荷物ではない、一人間としての扱いを受けているところが素晴らしいです。
アメリカ万歳!
[PR]

by martini_glass | 2007-06-21 06:09 | ニューヨーカーである事

ジュリアーニ前NY市長   

何故今頃ジュリアーニなんでしょう。あれから早6年が経とうと言うのに、と自分でも思います。

ブッシュ大統領の支持率が過去最低の26%に落ち込んでいることから、今も尚密かな人気を保ってNY市では何かといってはジュリアーニ氏が引き合いに出されるのでした。
2期8年間に渡る市長時代の功績は必ずしも高い評価を受けていなかった。人種差別では悪名高い人で異常な取締りによる逮捕者も多く、有色人種達の支持率は低かった。

彼の両親はいずれもイタリア移民の子供で、ジュリアーニは「3世」。親戚には高利貸しや前科者がいるといったNYでは珍しくないイタリア人一族で、市長時代には地元のタウン誌「ビレッジ・ボイス」の記者によって、父親のハロルド・ジュリアーニが若い頃に窃盗に有罪となり、有名なシンシン刑務所で服役していた事も暴露され話題になった。

しかし、ジュリアーニ自身はカトリック系私立学校、マンハッタン・カレッジを経て、NY大学ロースクールに進み、優等生で卒業。その後、NY南地区連邦検事補佐となり、犯罪者を取り締まる側になる。その後も、一貫して検事畑を歩み、NY南地区連邦地方検事として活躍してきた。

2001年9月11日、ニューヨーク市マンハッタン地区に立ち並ぶ二つのワールドトレードセンタービルに大型旅客機が激突した直後の市内の大混乱、非常事態の中で、市の警察、消防の最高責任者を引き連れて現場で陣頭指揮を取り、市民に平静を呼び掛ける姿はニューヨーク市民、アメリカ人にとって「有能な指導者」という強烈な印象を深く与えた。
あの判断力と決断力と行動力の機敏さは本当に素晴らしかった。頭の良さが伺えます。

その一方で、フロリダ州のある小学校を訪問中だった、ジョージ・ブッシュ大統領は、身の危険を懸念する側近達の助言を受け、大統領専用機「エア・フォース・ワン」でアメリカ上空を迷走していたというありさまで、なんとも情けないこの違いは笑えました。

仕事人間のジュリアーニ氏の私生活はめちゃくちゃだというのは、これまた有名な話です。日本では公私の区別のなく市長が毎日TVに出っ放しで、アイドル並みに赤裸々に報じられるなんて想像できませんよね。一見人懐っこそうな容貌でどこにでも出没していた。よく言えば市民レベルの親しみやすい市長だったのかも知れません。NY市民以外には知られていない彼の私生活の件は、大統領選を通じて明らかにされれば、アメリカ人の崇拝の後光が薄れてしまうかも知れない。

彼の名声はNY市民だけがこれからも伝え続けていくことでしょう。
[PR]

by martini_glass | 2007-06-20 01:28 | ニューヨーカーである事