<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

キレル子供達   

義妹の娘リエも学校でいじめにあっていた。当時10歳。
でもそこはアメリカ人の”おかん”ですから、口論しようが喧嘩しようが親は出て行きません。
「自分で自分の身を守ることを学ぶ時期なの」と突き放していた。
アメリカ人の女の子は戦う事を身を持って教えられるようです。

リエ自身はごく普通に弟達の面倒も良くみる明るく元気な子で、
私達が遊びに行くと女の子らしく、人見知りもしながらも私に
「ねえ、ちょっとカバンを見せて、カバンの中も見ていい?」と可愛らしい。
その彼女も今年で13歳、ティーンの仲間入り。
去年のクリスマスに会った時は私の背を越していた・・・170cmはあるかも。

先日のニュースに5人組の女の子が1人の男の子に怪我を負わせたというのがあった。
「お前ら、レズビアンか~」という差別的不用意な言葉に腹を立て殴りかかった。
ティーンの女の子は女の子というだけで男の子と同じくらい喧嘩っぱやい。
もちろん喧嘩を吹きかけたのは男の子の方だけど、女の子も売られた喧嘩は買うのだ。
男の子が所持していたナイフで女の子が刺し、彼女達は傷害で15年の刑を受けた。

キレル子供達はあとを絶たない。
もちろん、喧嘩する子ばかりではないけれど、残念ながら学校をドロップアウトしたストリートチルドレンと呼ばれる子供達は喧嘩で自分の強さを誇るしかないようである。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-27 01:56 | 日米論考

守るモノが多い現代人   

自分を守る事は当たり前で、大抵は自分の家族や地位や財産のために「守る」という考え方からなのだと思う。家族のためには犠牲になっても、他人のためには犠牲にはなりたくない。自分の仕事はしても他人の分まで手伝いたくない。努力はしたくない。どうやって怠けるか。欲求だけ満たす。自分の得を追求する。それが最近の風潮なのかもしれない。

人として社会で共存しているけど、守りに入る人が多い。出来る範囲内でいいと。無理はしたくない。面倒は被りたくない。自分はほって置いて欲しい。あまり周りを見渡す事もしない。自分の事だけで精一杯。半径一メートルの世界。他人のことは知らない。無関心。世界で何が起こってるかも知らない人も多い。

「守るモノが多い現代人、変に他人との距離を取りたがり、他人との付き合いが下手になり、他人とのあり方が今、飽和状態になっている。」

そんな事すらどうでもよくって、どうしようもないところまで来ている。
そんな中に正論をふりかざす人がいれば、きっと偽善者にしかみえないのだろうね。

権利を主張する人も少なければ、義務を全うしない人も増えた、とても忙しい社会なのかもしれない。でも、なんだか心の貧しい人たちが住む社会だ。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-25 06:08 | 独りごと

貴女は化粧筆派?パフ派?   

動物好きな方にはショッキングな事実です!

毎日欠かせない シミかくしに お化粧ですが、貴女はファンデーション、アイメイクチークを入れるのにどちらを使っていますか?
化粧筆?パフやチップ?
私は可愛さに惹かれて大ぶりの化粧筆を持ってますが、
実は粉が舞って”ゲホゲホ”と使いこなせていません。

そんなお話ではなく、あの化粧筆はリスの毛が使われているそうです。

日本製は特に毛先が切りそろえていなく自然のままが肌触りがいいのが特徴だそうです。
高級なリスの毛だそうです。何がどう高級なのか分かりませんが。

書道の筆はひつじや馬、タヌキだというのは知ってましたが、リスが犠牲になっていたとはショックです。
刈り上げられたリスなんて想像できません。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-24 10:38 | 私の日々雑感

貴女への応援歌   

「声出していこう!泣いてるだけじゃ、何も始まらないでしょ!」

自分に問いかけます。
”今何をするべきか、何が出来るか、考えなさい。”

自分の周りで起きている事に冷静に、
嫌がっているだけでは何も始まりません。
怖がっているだけでは何も生まれてきません。

嫌な事が起きたら声を出す準備してください。
恥ずかしがってる場合ではありません。

出来るだけ大きな声で「ぎゃ~」です。

女性だけの特権だから・・・
それだけでいいのよ。
頑張ろう!痴漢撃退法。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-24 03:52 | 私なり思想

感動した事   

ずっと忘れていた事を今朝思い出しました。あの美智子様のこと。(なんで~)

韓国人留学生が、あやまって線路に落ちた日本人を助けようとして自分が命を落としたお話はまだ記憶にあると思うのですが・・・・

韓国から学生の両親が駆けつけて、その足で皇居に観光に向かった、
それとも、来るようにとお呼びになられたのでしょうね。
美智子様は通訳を連れて、お庭に出られた。

「この度は大切なご子息を亡くされて心よりお悔やみ申します。
日本人のためにありがとう。お子さんは何人ですか?」
「一人でした」という答えに、美智子様は母親を躊躇なく抱きしめられ、
「何かあったらいつでも遠慮なくおっしゃってね。」とお言葉をかけられたそうです。

母親が子を思う気持ちは世界中同じなのだということを美智子様の行動で示されました。

何でこんな話を思い出したのか・・・
涙腺がゆるい私でした。
ぐすん。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-24 02:11 | 日本人である事

レイプ   

アメリカでも一昨日、コロンビア大学の寮でレイプがありました。
19時間後に救出されました。犯人は捕まりました。

そもそも被害者というのは見知らぬ人の出入りに無関心というか危機感が足りないという事です。
寮や帰宅の待ち伏せを、「〇〇を訪ねて来たんだ」という嘘を信じて一緒に入った。
まさか自分が被害者になるなんて疑うカケラも無く、心の隙間を狙われた。
相手にとっては誰でもよかったのですから。

一般的に他人が思うことは「痴話げんか」だからほっておくですね。
アメリカでは隣人が帰っている時間であればドアを叩いて怒鳴りに来るので、見過ごされる事はまずない。
たとえ母親ですら子供をしかりつけていると「幼児虐待」で通報されて5,6台のパトカーが来ます。

この学生の場合には日中で誰も部屋に居なかったらしい。
19時間も監禁されていたなんて想像しただけで恐ろしい。
精神的にもぐったり消耗していて、もしくは気絶していたのでしょう。

いつもお邪魔しているcomplex_catさんの電車男はいないを読んで泣きながら戻ってきました。
日本人って、イザって時は全然頼りにならないのだと思い知らされました。

日本でも特急電車の中で起こった30分の暴行事件で、その状況を知りながらどうすることも出来なかった同じ車両に乗り合わせた乗客達と嫌がらせをされていた彼女自身の行動。

まず、女性がトイレに連れ込まれるまでに出来た事があると思いますが・・・
1、痴漢行為と感じた時になぜ、すぐ席を立つ勇気がなかったのか?

 公共の場でありながらふてぶてしい加害者に見せた心の隙があったのだと思います。
 他人には緊張感を持って、毅然とした態度が取れればよかったのにと思うと残念です。
 「NO!」と言える環境づくりが出来ていない日本の頼りなさをみます。
 日本女性、もっと強くなりましょう。20才では無理か。
 
2、なぜ、泣きながら連れて行かれる女性に他人が何も言えないのか?
3、なぜ、周りの人が脅かされても立ち向かう人がいなかったのか?

 c_cさんがおっしゃっていた、恐怖から思考回路が止まってしまうというのも分かります。
 自分の目の前で起こっていても、自分の体験にない事が起こるとどう対処していいのかわからないという  のも分かります。普通の人はそういう訓練をしてきてないのですから。
 それと、状況が分からないから変に首突っ込むのは止めておこうというのはあるでしょうね。
 自分が怪我をしたくない。目撃者になりたくない。この気持ちに誰も強制することは出来ません。

それでも弱い者いじめを見逃すのが悔しくてたまりません。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-23 00:30 | 日本人である事

日米ビジネスカルチャー   

考えれば当たり前なんだけど、アメリカで公人によるビジネスがらみの贈り物については非常に厳しい。外国公務員に対する商業目的での贈賄行為を違法とする「海外腐敗行為防止法(FCPA)」はロッキード事件を機に制定された。

日本でも金銭がらみの腐敗行為に対してマスコミは頻繁に取上げている。ただ、これらの腐敗行為が厳しい処罰によって減っているかというと、ニュースを見る限りそうではないらしい。日本の土壌では金品を供与するという部分に関して、善悪の線引きは難しいのではないのか。

日本にはお中元、お歳暮といった、古来からの風習がある。また、季節のご挨拶的な考え方が浸透しているので、個人として、企業として贈り物をするのがむしろ当然であったり、それを逆に怠ることは礼儀に反していると考えられている。

アメリカでは「割増し手数料」なるものを支払うことで、役所の手続きを早めることが出来る。
例えば、パスポート申請の「優先サービス」を受けられることで一日つぶす難を逃れられるが。
弁護士によるビザ申請でも、詳しいことは分からないが、簡略できる方法で申請すれば割高ではあるが早くなる。その人のバックグラウンドによって個人差はあるといわれているが。
こういうものはあくまで、便宜をはかるものと割り切るべきなのだろうか?
そのお金はどう処理されるのか?

細かいことを個人で線引きしていても仕方が無いのだけどさ・・・
[PR]

by martini_glass | 2007-04-21 00:22 | ニューヨーカーである事

君は何の不満があったのか   

両手にショットガンを握り締め、黒のT-シャツ、弾薬を入れるベスト、黒の野球帽、黒の指抜き手袋。
今日の新聞の一面は、まるでバイオレンス映画のワンシーンだ。君が主役だ。
カメラ目線でポーズをとる君はとてもナルシストだ。
憎しみを表した顔の君は何の不満があったのか・・・・

なぜ、こんな写真を残したのか、犯罪動悸にもならないと大人達は困っている。
惜しくもヒーローになれなかった子供のようだ。
自分の怒りを面と人にぶつけられなかった影薄い孤独な学生と。

なぜ、口を利きたくなかったのか。
どんなクラスメート達に囲まれていたのか。
どんな幼少時代を過ごしてきたのか。
何が君を壊したのか。

アメリカ人のお金持ちは半端じゃないからね。
アメリカ人を僻んでも仕方が無い。
アメリカ人が世界でNO.1だと思ってるのが許せなかったのか。
アメリカ人に限らず子供は時としてとても残酷だからね。

君のプライドはきっと高かったんだね。
君はある種、小心者というか、子供だったんだね。
人種の壁は自分で作ったらおしまいなんだよ。
自分の殻にどんどん篭っていって他人が憎くなったんだね。

アメリカ人の子供達の中ではクラスの人気者になれることが一番のステイタス。
いじめも半端じゃないくらい進んでいる。
クラスのみんなから口を利いて貰えない子もいる。
君がそうだったんだね。

でも、殺さなくてもよかったのに・・・
[PR]

by martini_glass | 2007-04-20 09:03 | 独りごと

アメリカの銃規制問題   

米国内で再び銃規制を推進する論調(17日のニューヨークタイムズ紙社説)がある一方、莫大な資金力を背景に強力な活動を展開する全米ライフル協会(NRA)の圧力を恐れる政治家達の微妙な姿勢が浮き彫りになっている。

事件直後から大統領選挙の候補者たちは自分のウエブサイトを通じて声明を発表したが、銃規制に消極的な共和党のみならず民主党のヒラリー・クリントン、バクラ・オバマ、ジョーン・エドワーズのいずれも被害者に深い追悼の意を表していながらも、銃規制に関しては言及していない。

過去に銃規制に積極的だったジョン・ケリー上院議員は「犯罪やテロに弱腰」とのイメージにつながり大統領選に敗北している。米国の世論を二分する銃規制問題は、政治の世界において、依然タブーである事を裏付ける結果となっている。

一応、全米銃規制団体もある。クリントン政権時に銃規制法ができたことで、より減少しているが、ブッシュ政権になってから、フロリダ州などで立証義務なしの正当防衛が認められ規制緩和の方向にあるようだ。

どんなに心配したり悩んだりした所で権力者や金持ちには叶わないのだ。
これが民主主義だろうか?

(NYプレス)
[PR]

by martini_glass | 2007-04-20 07:32 | 日米論考

アメリカの奥様方のゴシップ   

  「どうして、コリアンが銃を買えるのよ!」
 「信じられないわ!」
 「どうして、こんなことになるのよ!」
 「あなた、どう思う?」


彼は韓国人学生であると報道されたが、所詮アメリカ人にはどれがコリアンか否か見分けがつかないのが事実である。アジア人全体に対しての風向きがキツクなるのが予想される。
[PR]

by martini_glass | 2007-04-20 02:49 | ニューヨーカーである事