<   2005年 08月 ( 56 )   > この月の画像一覧   

従姉妹   

今回、伯父の急死から日本を思い出すことが多くなった。
両親には兄弟が5~6人づついる。そこそこ仲良くしているらしい。
昨今、私には兄弟がいないので「いとこ」を大切にしないとな~と考えるようになった。
ざっと数えただけでも20人以上はいる。
それなのに過去8年間に誰一人と連絡を取っていない。
ずう~っと不義理をしている。
私がここに居ることも結婚したことすら教えていない。
それとなく親が話しているかもと思いながら・・
私的にはいつ帰るかも知れない、どうなるかもしれないと思い続けてきたからだ。

私と同様に一人っ子の従姉妹がいる。彼女のことを考えていた。
それが今回亡くなった伯父の娘で、15年も前に伯母を亡くしている。
私より7つ年上なのであまり心配もしていなかったのだけど、
結婚もしてないし、子供もいないので本当に一人ぼっちだ。
腹違いの兄がいたけど、行方知れずだし。
母親側の従姉妹たちとは仲良くしているのだろうか?
友達はいっぱいいるのだろうか?
本当の所、何も知らなかった。

母親からいっぱい聞きだした。
伯母が亡くなってから彼女が伯父と住む家を買っていたこと。
今では某生命会社のとある支店長になっていたこと。
お通夜告別式ともに会社の人が30人以上来られていたこと。
その支店が自分の家から2時間以上も離れて不便だったこと。
伯父の面倒がうまく見れずに会社に転勤願いを散々出していたこと。
伯父が胃の手術あとにもほとんど会社を休めなかったこと。
そのせいで食事の面倒が行き届かなかったこと。
彼女は会社に対して怒りまくっていたらしい。

彼女は伯父の状態に気がつくのが遅くて後悔していると思う。
そう思うと私までが苦しくてたまらない。

旦那に話をすると「なぜ、人を雇わなかったの?」と聞かれた。
そうだよね、そこまでする必要は無いと誰もが思っていたかも。
また日本人は介護にはお金がかかって嫌がる人が多いのだ。

何がいけなかったのか。
日本の社会のあり方がおかしいのかも。
親を看ていかなくてはいけないシステムが出来ていない。
こういう人達って意外と多くなるかもね。
結婚しない人がふえてるから。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-31 23:45 | 日本人である事

風邪とダイエット   

旦那が久々に風邪に見舞われ、体力不足が気になる今日この頃。
面接ももうすぐだっちゅうのに。

外では汗がドボドボ流れ出して、道行く人に大丈夫かと心配されているようだ。
湿気が多い日は頭の天辺から滝のように汗が流れるとか。笑。
熱もあるんだろうな~なのに家に居たくないという。
体重も増え運動不足で偏食で私の心配をよそに痩せたいと言っている。
「倒れたらどうするんじゃい」
いつも倒れる前に何かを食べなさいと母のような私。
エアコンの中にいては身体の熱を出せないから、それよりは
外の風に当たって自然に汗をかけるほうが良いと本人も言う。
何処に入ってもエアコンで寒いでしょうから今日などはちょうどいいかも。
やれやれ。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-31 08:50 | 独りごと

ハリケーン   

アメリカにはハリケーンに名前を付ける習慣がある。
今回の80人規模の死者を出したのは「カトリーナ」と呼ばれている。
日本も「台風13号」なんて面白くもない「○○子」とか付けたらどうだろうか。
がはは。やっぱり似合わないかもね。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-31 08:15 | 独りごと

アメリカ有数の観光スポット   

アメリカ人にとって有数の観光スポット。

うちのボスは日本人だけど「バハマ」や「ジャマイカ」や「コスタリカ」が好きで
夏の終わりには出かける。
開放的な気分になれていいと思う。
今日からお休みとって出かけた。
本土から出れない私にはどこでも羨ましい。

ゲイの知り合いが好きだったのは「コスタリカ」
私はこの人に出会うまで聞いたことが無かったけど
’ミスユニバース’に選ばれるくらいの美人の多い事で有名な国とか。
メキシコの南に位置して緑の多い街だとか。
スイスと同じく軍を持たない平和な国。
その日本人ゲイの知り合いも数年前にこの世を去りました。

一度は訪れてみたい所ですね。
いつのことか・・・
[PR]

by martini_glass | 2005-08-29 23:08 | 日米論考

訃報   

日本の従兄弟のお父さんが昨日亡くなった。父親のお兄さん。享年75歳。
お通やも終わり今日がお葬式だそうです。
今までも祖母、叔父二人を見送れず・・
また不義理をしてしまった。

なのに日本に帰れない。

母が「あんたの分もあんたの名前でしといたよ。
   何年か先に帰ってきても肩身の狭い思いせんでいいように。
   あの時に何もしてもらえやんだわと思われやんように。
   誰しも外国に出てるといい暮らしをしていると思われがちやし。
   今日は今から出かけるし忙しいから切るよ」

私 「ありがとう」

やるせない気持ちでいっぱいになりました。
こんな自分の状況に憤りを感じます。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-28 09:02 | 日本人である事

Maritza Sanchez   

9.8.'05 10:30 163 125th St, 7th Fl.
[PR]

by martini_glass | 2005-08-28 07:20 | その他

身体がきしむ   

筋肉と愛は鍛えれば強くなると何処かで読んだ。
それど頃ではないほど筋肉中に乳酸が多量に発生しているらしく疲労を感じる。
キシキシ音が聞こえそうです。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-28 07:16 | その他

NYの日本人   

New Yorkにも沢山の日本人が移り住んでいる。
でも移民という永住的な感覚は他の人種に比べると薄い。
学生や駐在員家族が多いせいもある。
コミュニティーだってあるような無いような・・
私が属していないだけかも?

今週末に日本の祭りをするらしい。
イーストビレッジという街には昔から多くの日本人が住んでいる。
もちろん他の人種もいるので比率的にはなんともいえない。
日系のレストラン関係者が中心になって日本の祭りを開催していたと過去に聞いたことがある、その経緯には金銭的な仲間割れであったらしい。
10年ぶりに今年は晴れて再開される事になった。
お神輿も子供と大人とあり、日本から取り寄せるとのこと。
たこ焼き、焼き鳥などの屋台も並びパフォーマンスもあるらしい。
本格的だな~ちょっと楽しみ。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-27 10:11 | ニューヨーカーである事

NYに住む中国人のよもや話   

中国本土の中国人は知らないが米国本土に移民した中国人は知っている。

アジアの中でも自分達が一番頭が良いと思っている。
押しが強くて粘り強い性質で何処でも生き延びていける。
というのが私の印象。
中国の一家族一人っ子政策以来、米国にどれだけの移民が来ただろうか。
もちろん、ゴールドラッシュの時代より更に増え続けている。
チャイナタウンというコミュニティーを広げモノ凄い勢いで膨れ上がっている。
家族単位で生涯の移民を決めているために強いのだな。
昔に「蛇の道」というのを聞いたことがある。
それは密入国業者に多額のお金を払って米国本土に違法ルートで入り込む事。
中国人に限らず貧しいアジア人は狭いコンテナに詰められて・・・と
未だに米国映画にはそういうシーンが残っている。

チャイナタウンの中にいれば英語を話せずとも生きていけるお年寄り達。
チャイナタウンの中にいれば生活に必要なモノ何でも揃う。
チャイナタウンの中にいれば媚びる必要もない。
チャイナタウンの中にいるだけで逆に観光客の外国人が彼らの産業を支えてくれる。

チャイナタウンは小汚い小さな店がいっぱいひしめき合って立ち並んでいる。
「チャイニーズフード」と呼ばれNYでは親しみの深い料理だが
ただ許せないのは、チャイナタウンのレストランは米国人好みで大味。
「人の食べた残りをチャーハンに使うのだけはやめて欲しい」
「ゴキブリやねずみの死骸も気にせず使われる食材は汚すぎる」
掲示板の書き込みを見たときはゲッソリしました。
マジでチャイナタウンでチャーハンを食べるのは止めようっと思った。

チャイナタウンは異国情緒たっぷりだけど、臭いと思っている米国人もいるし、地下鉄の中でも魚や食材を持っている中国人を無碍に嫌う人もいる。
文化の違いを受け止めるのは難しいけど、違いに触れる醍醐味でもあると思う。
日本で食べていた多くの食材は中国から渡ってきた物だと分かるくらい知っているものがいっぱい並んでいます。果物も安いしたまにぶらりと歩きます。
皆が好きな肉まんがとっても美味しい。
同じアジア人の私には居心地のいい場所のひとつでもあります。

ますます規模も大きくなりつつあるチャイナタウン、こよなく愛する人でいっぱいの街をこれからも応援していきたいと密かに思っているわけです。
[PR]

by martini_glass | 2005-08-27 08:51 | ニューヨーカーである事

out of shape   

今日は旦那と二人で仲良くスポーツジム通い。
筋力トレーニングは欠かせないと思った。
筋肉はいつまでも若くなく、脂肪が変わりについてくる。
背中や腕、お腹がまさにプルプルしてきた。

白髪のおばあちゃんに出会いました。
25年もの間毎日スポーツジム通いとは恐れ入りました。
身体そのものが事実を語っていました。
明らかに70歳は超えているであろう面持ちにピーんと伸びた背中はいささか不釣合い。
もちろん手足も細く均等に筋肉がついているせいか、弛んではいなかった。
自分でも「私の同い年の友達にこれほど背筋が伸びているのも私くらいよ」と
とても誇らしげに「無理なく続けているのがいいの」だと付け加えた。
ブラウンカラーのレオタードが怪しかったけど
自分の体型に自信を持っている証拠ですね。

きゃあ~私には着れません。
お腹がポッコリ足もむっちり恥ずかしい。
筋肉は鍛えれば強くなる。
脂肪に負けないように筋肉つけたいな。
モリモリじゃなくてスラリとなりたいよ~
[PR]

by martini_glass | 2005-08-26 12:23 | 私の日々雑感