<   2005年 07月 ( 48 )   > この月の画像一覧   

お買い物日和   

私もそうだけどnew yorkerは週末にまとめ買いするようです。

私が住むハーレム地区にもいくつか大型店が出来ています。
新しいpathmartというスーパーマッケットに買い物に出かけます。
大型のチェーン店なので品揃いも豊富で嬉しい。
小さな身体の私が店の隅々を一人ひょこひょこ歩いています。
とにかくあんな大きな店を冷やそうものなら凄い電気代が掛かると思った。
一番奥に乳製品と冷凍食品とパンがあるので奥から順に買いたいものを探す。
「半端じゃなく寒~い!」
しかし、見るもの見るもの購買欲をそそられるので本当に長居は無用!
みんなはカートに選んだ物を山盛り乗せてレジに並ぶ。
きっと家族総出で車に乗ってくる人もいるだろうな~
ちょっとしたショッピングデーだ。
私は一人で持って帰るから両手に袋が精一杯。
それを考えるとカートで買い物を出来る日は永遠にないな。
合計いくらぐらいになるんだろうかと人のお財布を気にしてしまう。
どんな冷蔵庫を家に持っているのだろうか?
きっと買ったのも忘れて奥の方で潰れていたり、
腐らせてしまう事もよくあるだろうな。
私は二人では食べきれずに枯らしてしまう野菜や
毎日食べたくないので放置した食べ物もある。
無駄にしてはいけないと心に誓っているのだけど
この飽食の時代に人は贅沢になってしまっているよね。
夏は特にパンのカビとか物につく臭いに敏感になってすぐ捨てます。
乾物はいいですね、いつ出してきて食べてもいいから。
あと冷凍食品も結構利用しますが、解凍が面倒なのと
いつ冷凍したか忘れてしまうので無駄が出ます。

しかし、今日も暑いのでアイス半額につられて買いました。
楽しいね~お買い物。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-31 06:26 | ニューヨーカーである事

観劇   

三島由紀夫原作の近代能楽集「そとばこまち」と「よろぼし」でした。
久しぶりに自分のためのいい刺激になりました。
「よろぼし」は以前に他の劇団のを見ているので知っていました。
日本のやり方と違うのは時間の制限があるようで、短めに調整されていた。
お尻が痛くならなくていいのだけど、大劇場で見るお芝居ではない。
演劇はもっと近くから小劇場で見るほうがいいな。
この劇場はTIMEWARNERの新しいビルの中にある「rose theater」
バルコニー席がいっぱいあって素敵な作りだったけど、めちゃくちゃ寒かった。
さすがNY、前方と両サイドには英字の字幕スーパー付きの最新技術導入で
半分くらいはアメリカ人が観に来ていたのに驚き!
[PR]

by martini_glass | 2005-07-30 13:11 | 日本人である事

NYの土用の丑   

毎年恒例の日本食レストランでお昼にお一人様$4.50のうなぎ丼を食べた。
小瓶のビール付き。日本円にして500円くらい。最近じゃそんなので食べれないね。
1時間半も並んだだけあった。大満足!

旦那にこの事を話したところ、
「そんな安いものを並んでまで食べなくてもいいじゃないか。
 昼ごはん代くらい出してあげるから二度とそんな事するんじゃない。」
と心配されました。

所変わればこの楽しみは分からないようです。
ぎゃはは。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-29 10:54 | ニューヨーカーである事

苦行   

人間にはその人に合った苦行を与えられているという。
禅の世界みたいで、よく分からないけど。
それは乗り越えられるだけのモノだから大丈夫だという。

人は自分が望むモノに向かって生きているので、何処かでどう間違えても、
何処かで切り替えてもまた同じ方向を向いているような気がする。
自分のしている事が間違いか間違いでないかは後にならないと分からない。
自分が取り組むモノには意味があるとも思う。
それが苦行かどうかは、その人次第なんだろうな。
人は試されているような気がする。
その中で楽しんで生きていきたいな。

その反面、そうなのかな・・という自分もいる。
時間の無駄じゃないのかな?
他の生き方の方が楽だったか?
もっといい事がまっていた?

後悔しても始まらないのでとりあえず今日も続けている。
そして見えない明日に向けて。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-27 13:31 | 私なり思想

執着心の無い人   

どうしてこうもモノを失くす事が出来るか私には分かりません。

失くして探せた事がない。そして人のせいにする。
今日銀行からおろしたというお金も大探しの旦那。
ATMで領収書を取ってお金を取り忘れる事があるだろか?
ポケットから落ちたか?

ドジと言うかダラシナイと言うか・・
ここ最近悪い事ばかりが起きている。
誰のせいにも出来ないけど、今日は自分に怒っていた。
今に始まった事ではないので私は呆れるだけ。。

ん~しっかりしろよ。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-27 12:55 | 独りごと

気がつけば   

私ったら旦那のことばかり書いている^^
旦那の悩みは私の悩みで、何か機嫌が悪いと一緒になって振り回される。
それは旦那も同じようなことを言っていた。
私が機嫌が悪いと自分までいやな気分にされると。
じゃあ私、いい子でいれば浮気もされずいい旦那でいてくれるのかな?
子供がいない分エネルギーが旦那に向かうのだ
私だけにエネルギーを注いでくれているか?
一緒に育っていくにはペースが遅いよね。
子供でも産むか?
そうすればもっと早く成長するかもね。
う~ん、産めるかな?
[PR]

by martini_glass | 2005-07-27 04:23 | 独りごと

私の勘は当たるよ   

「ほらね」と大意張りの私でした。
人が辞めた会社なんていいこと無いに決まってるよ。
でも旦那ちゃんも私の言うことは聞かない時間がかかる人だな。
WCSでもなんでもいいじゃん。大きい方がいいよ。
外回りは大変かも知れないけど慣れるよ。
そして面白くなると思うよ。
がんばれ!
[PR]

by martini_glass | 2005-07-27 01:41 | 独りごと

お仕事事情   

人が辞めてきた会社に入るというのはいかがなものか・・
小規模から大規模へというのであれば良いと思う。
また良いポジションであるとか、新しいことをするのであれば問題はない。
もちろん給与の面でもアップしたいと願ってるはずなのに・・・
よ~分かりません。
今が選り取り緑でこの時期を越えたらもう無いかも知れないのに。
どうか良いのを外しません様に。
旦那ちゃんの選択には少々不安を感じます。
今日はいっぱいオファーの電話が来て少々頭が痛いようです。
そんなことじゃあ見極められませんよ。
がんばれよ!

良い環境で楽しい職場であればいいというのです。
いい年なのにマネージャーとかのタイトルが欲しくないのかと聞くと、
タイトルがあっていい事はない、それよりベネフィットやお給料のいい方が良い。
同じ環境に甘んじていては成長しないよね。
ちょっと違う事をしてお給料を沢山もらうというのは
楽しくない事で大変なことだろうか?
新しいことへのチャンスなのに。
嫌だったら辞める事ばっかり考えていて情けないよ。

私も人の事を言えた筋合いではないけど違うんだよな私の考え方と・・
なんかプライドの持ち方が違う。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-26 01:44 | 私の日々雑感

NYのお洗濯事情   

NYのアパートの皆さんは土、日曜日になるとコインランドリーに並びます。

ここマンハッタンには戦前からの古いアパートも立ち並び、全てのアパートには洗濯が出来るようには作られていない。最近の大きなビルディングによっては地下室があり、洗濯機や乾燥機を設置している大家さんもいる。残念ながら私のビルには無くて、街のあちらこちらには「ランドリーマット」というコインランドリー屋があります。
ちょっとした社交の場のように入れ替わり立ち代り洗濯をしている。
その中にはクリーニング屋さんも一緒になっている所もあり、
アイロンの必要なカッターシャツや自分では洗えないスーツやパンツを出す。

旦那と一緒に暮らすようになって幸いにも一度もアイロンがけをした事が無い。
独身の頃からないかも^^;
果たしていくらクリーニング代を使っているのだろうか?
計算すると怖いのでやめます。

家もかなりの洗濯物を溜めて旦那が階段を下りて洗濯に行ってくれます。
私にはとても運びきれないので・・・
旦那いわく、週末は凄い人で順番待ちをするのが嫌だから
平日の早朝が一番いいと言います。
7時にオープンなので7時半に行けばいいらしい。

両親にその話をしたら大笑いされてしまいました。
「結婚しても洗濯しなくていいなんて、まあ、なんて人!」
一軒家に住める身分になったら、旦那に洗濯なんてさせずに自分でします。
確かに、私のパンツをたたんでいる旦那は想像しただけで申し訳ないな~
[PR]

by martini_glass | 2005-07-25 05:07 | ニューヨーカーである事

家のお料理事情   

アメリカ人のほとんどが両親の元を離れて暮らすのが普通で、料理を自分で作る。

家の旦那ちゃんもお料理をたまにしてくれます。
チキンを焼いてくれたり、パスタ、パンケーキ、と簡単なもの。
私がほとんどを担当するけどいっぱい食べ過ぎて太ると最近はいう。

一番思い出に残っているのが一度だけ友達を招待して、
朝から大きなターキーを母親に電話で聞きながら焼いてくれた。
物凄い時間が掛かって、中のほうはまだ半焼けだったのを憶えている。
もちろん4人で食べても食べきれなくて次の日もまた次の日も食べた記憶が・・

アメリカでは食べ物にマツワル代表的な休日にサンクスギビングディーがある。
大きな七面鳥を丸ごと焼いて神様に食物を与えてくれた事、
一年健康に過ごせた事を感謝する日である。

クリスマスもあるけど、それほど食べ物は何でもありだと思った。
大抵は旦那の妹の家に押しかけていって食べ物にありつく。
妹の旦那様がまたお料理が上手でお魚を揚げたりする。
彼女はケーキ作りの勉強をしたらしいので上手だ。
従兄弟の結婚式にも大きなケーキを振舞っていた。

私のお得意はなんだろう?
会社のパーティーに旦那達は何かを持ち寄る事になっていたらしく
私は肉じゃがといなり寿司を沢山作って持たせた。
「中国料理と違ってさっぱりしているわ」と大好評だった。
君も来ればよかったのにと言われたものの、恥ずかしくて行けなかった。

後は、旦那のお母さんのお誕生日にカレーライスを持参した。
こんなものでいいのかと思ったけど、旦那が旨いというので
私の自信作としてカレーライスにした。恥ずかしい。
もっと皆さんをご招待出来る大きなお家だったらお料理とかして日本料理を
お披露目できるのかもと思いながら・・・

お寿司だけが日本料理じゃないのよって教えたい。
[PR]

by martini_glass | 2005-07-25 04:40 | ニューヨーカーである事