カテゴリ:ニューヨーカーである事( 144 )   

地下道とねずみのお話し   

ねずみのお話しです。

数年前に生誕100年を向かえたマンハッタンです。
地下鉄もビルも全てが老朽化しているのに、
ただ凄いなと思うのは、ガス、電気、水道、ケーブル全て地下に埋まっているのです。
地上にあるのは電灯と信号機だけです。
ごみごみしている街も電線や鉄塔がないのですっきりしています。
また場所がない分、ビルのほとんどが地下室を持っています。
ビルの一階にレストランやスーパーマーケットを経営しているオーナーも多いです。
地下は食材の貯蔵庫というわけです。
レジデンスだけのビルでも洗濯機が並べられた部屋や倉庫になっています。
その地下に古くから住み着いている主というのがねずみの家族です。
マンハッタン中つながっている地下の構造上、行動範囲も広く、
繁殖率も凄いらしく駆除が追いつかないため住民の頭を悩ませているようです。

10年住んだビルでは見たことがありませんでしたが、
今回のビルでは対面してしまいました。
さっそく私の仕掛けた罠に「うつ伏せ寝」していました。あは。
粘着マットの上でそろそろ窒息死したころでしょうか。

家の15歳の老猫にはねずみなどなんの興味もなく、
もちろん、バタバタ動くわけではないので気にもならないのでしょうが。
もうちょと猫らしくエキサイトして欲しかったと思う単純な飼い主の私でした。
[PR]

by martini_glass | 2008-07-24 00:22 | ニューヨーカーである事

大引越し   

ついに、10年間住んだ私達の思い出の部屋ともお別れです。

古い部屋は、戦前に立てられたといわれるだけあって、天井も高くドアも大きく、暖炉、大理石の階段、壁や鏡がほとんどアンティークの世界なんです。高級な調度品が揃えばもっとよかったのですが。物価の上昇とオーナーとの折り合いが悪くなったのもあって、引越しをすることに私が決めました。私にはテナントとしての権利を主張するだとか、その辺の市の条例や法律などは分かりませんが、いがみ合って、裁判所に足を運んでまで住んでいても楽しくありません。それよりかは前に向かって進む方がいいですよね。皆はもったいないと言うけれど、そんな気分にはなりませんでした。

引越しの前日まで、誰が安い引越しを引き受けてくれるか焦りました。
日にちを変更したら断られたのが始まりで、
無限に引越し代を払えるわけでもなく、
6月30日にしてくれるところで、
すぐ返事をしてくれるところで、
階段が気にならない人で、
薬をやってない人が来る事が条件でした。

しかし、こんなにギリギリまで日にちが迫っていたのには、
新しい部屋のオーナーがちょっとルーズなせいなのでした。
悪い人ではないのですが、南の国から来た人達で、
何でも伝えてから完成まで時間がかかるです。
途中、ブチ切れそうになりながらも、
心広く穏やかに応対している相方に助けられました。
私が口を挟むとストレートすぎるから止めてくれとまで言われながら・・・
ああ、予定が随分狂いました。

ホンの10ブロック南下しただけなのですが、窓の外には緑もあって南向きの部屋です。
今度は明るく元気に前向きになれそうな気がします。
広さ的にはちょっとこっちのほうが狭いかも・・・
建て方はこちらの方が新しいので、戦後のものだと思われます。
ファンシーなものは何もないけれど、こじんまりとしていてこれはこれでいい・・・

10年も住むと凄いゴミの山がでました。あはは。
古い部屋のオーナー、ごめんなさい。
こんなにいらないものと一緒に住んでいたのだと思うと笑えてきました。
私のじゃなくて、ほとんどが相方の方のゴミなんです。
よく言えば、彼は永遠のロマンチスト?
悪く言えば、片付けられない人なんです。
結局、私が膨大な箱を片付けるんです。
今までの請求書・領収書、辞めた会社での書類、訴訟の書類、
友達から貰ったプレゼント、自分で買ったガラクタ、バースディーカード、
服にしても靴にしても帽子にしても使わないけど持っていたい人なんです。
持っているもの全てが自分の歴史を語るのだそうです。
まあ、そうなんですけど・・・
その辺、私とちょっと違うので付いていくのに疲れます。

今から、引越ししました通知を出して、今日も筋肉痛だけどお片付け~。
早く終わらせたい!
[PR]

by martini_glass | 2008-07-04 00:43 | ニューヨーカーである事

流れ流されている?   

今日なんかは雨が上がって少しは涼しい風が吹いているように思います。

私は最近、少し回りに流されている?と感じるこの頃です。
自分が流しているのならいいのですが、時間に流されている。
自分の意のままに動いていません。

昔ほどの情熱もどこかに置いて来たのか
それほど腹が立つこともなく、ダーリンと喧嘩することもなく、
自然にものごとを見送ることができるようになったというか・・・・できている。
いや、左の耳から右の耳に抜けているだけかもしれません。
自分からの行動が小回りになっています。
つまんなくはないのですが、エキサイトもしていません。
いたって生活は地味めです。
日本にいても変わらないかな・・・結局私はどこにいても私なんだということに気付きます。

たぶんみんなもそうなんだと思うのですが、
凄く忙しい時期があって、凄く暇な時期があって、また忙しい時期に入っていく・・・
その繰り返しかなと。
その忙しい時期というのは自分が自分で動いているのが実感できている。
終わると自分の流れじゃなくて周りの流れに沿って流れている感じ・・・
貧乏暇なしが性に合っているようです。爆。
[PR]

by martini_glass | 2008-06-24 05:39 | ニューヨーカーである事

蒸し暑いと思い出す悪夢   

あの悪夢のような、NYのブラックアウト2004年から4年も経ちました。
もうあの二の舞を味わいたくないと思い、蒸し暑いのですが節電に努めています。

あれは、夏の4時を過ぎた頃、NYの町から一斉に一瞬にして電気が消えました。
電卓が消え、電気も消え、冷房も止まり、エレベーターも止まり、地下鉄も止まり、
窓から外を見下ろすと車道も歩道も群衆が一斉に歩いているのが見えました。
信号も消え、立ち往生する車と群集が喧嘩をしているようにも見えました。
私たちもビルの裏の階段から外に出るように誘導され1階まで降り、
ムッ~とした温風の中に立ちすくみました。

「歩いて帰ろう」と元気付ける群衆の波に乗って私も歩き始めました。
歩いて帰る距離ではないけれど、1時間半くらいかければ帰れなくはないと確信していました。
他の島から来ている人は橋を渡って2,3時間は覚悟しなければならなかっただろうし、
帰るのをすでにあきらめていた人達は街中にあふれ、外で一夜を過ごした若者も。

部屋中にロウソクを灯し、シャワーを浴び、夕食は何を食べたのか覚えていません。
原始時代にタイムスリップしたようで、ちょっとわくわくしたっけ・・・。
静かに夜が明けるのを待って眠りに付いたのを思い出します。

毎年のように上昇する気温に気が気でなりません。
まだ6月なのに33度~35度、夜になってもその気温はそれほど下がりません。
もちろん、会社では皆さんエアコンを入れたと話しておられました。
やはり、市内の部分部分でブラックアウトになった地域はあったようです。
復旧に時間がかかるので大変な時間を過ごされていると思います。

家は窓にファンを付け、部屋に扇風機を付け、なるべく外気を入れないようにし、
部屋の気温を下げるように無駄な電気をけして歩いています。
Co2の削減には繋がっていないのですが・・・、
こんなに暑い6月、7月8月はどうしたらいいのでしょうね。
[PR]

by martini_glass | 2008-06-12 08:02 | ニューヨーカーである事

日中の最高気温33度いった~   

従来ならまだ梅雨でじめじめしているはずです。NYも日本のようです。
それが今年は雨が少なく、昨日から気分としては「暑中お見舞い申し上げます」です。

まだ冷房を入れるのは早いような・・・扇風機で頑張っています。
衣替えもいつもなら梅雨が過ぎてからと決めているのに・・・・
今日は部屋を掃除した後に衣替えをして、猫を洗おうという予定です。

彼女もかなりの老齢のように普段から寝ている時間の方が多くなりました。
先ほどまではキッチンのビニールタイルの上で転がっていたのですが、いません。
今度はバスルームのタイルの上に移動したようです。
普段は誰も来ないし、静かでヒンヤリ気持ちいいのでしょう。
自分のトイレもあるので臭いはずですが(^^;
最近、爪をきり、耳を掃除され、すねるとバスルームに移動します。

私がトイレを使ったり、歯を磨きに行ったり、シャワーを浴び、ドタバタしていても知らん振り。
本当、我が物顔で人が歩くところにベロ~ンと伸びていい気なもんです。
のんびりしていられるのも今のうちだけですからね。
数時間後にはもっと涼しくなるよ~ん。
[PR]

by martini_glass | 2008-06-09 01:02 | ニューヨーカーである事

ビザ免除国の日本   

現在、アメリカ政府は日本を含む世界の先進国27カ国の国民に、観光目的であればビザなしで最高90日までのアメリカ国内の滞在を許可しているが、実際は毎年何千人ものこれらの国々からの訪問者が空港などの審査で入国を拒否されている。その数、8000万人以上がビザ免除国から入国のうち3300人が入国できなかった。その、入国できるか否かは担当の国境警察官の判断しだい。移住、就労、亡命の意思が疑われた場合、過去にビザなしで90日以上滞在したことがあるなど、入国却下される理由は60項目以上もあるという。詳細は明らかにされていない。入国が却下されると即次のフライトで強制送還される。あるいは違反歴がなくてもアメリカにいる友人や家族に会いに頻繁に訪れていたという理由だけで取調べを行うために10日間以上の拘束、監禁という例もある。2001年の多発テロ後の警備強化以降、ニューヨークでの審査は特に厳しいため、入国回数が年間3,4回を超えていると、別室でさらなる質問をされる可能性が高いと言われている。

総領事館では年間の入国回数を制限する規定はなく、判断はあくまでもその時の検査官によります。といわれているので、これはやっぱりなのかも知れません。
皆さまくれぐれもお気をつけくださいませね。
[PR]

by martini_glass | 2008-05-24 03:37 | ニューヨーカーである事

NYトリビア   

マンハッタン島はなぜ地震が起きないのか。

マンハッタン島は2つの片岩がくっついた一枚岩の島のため、地震があまり起こらないといわれているそうです。

ニューヨーク最大のコミュニティーは?

チャイナタウン。130年以上の歴史を持ち、全米でも最大だとか。

ペットが遺産相続できる。

ニューヨークでは1996年に、ペットに財産を残すことができる法律が制定された。
信託を設立するには、ペットの名義の口座を開設し、管財人と世話人を任命。
また別に管理監督人を設けなければならない。
[PR]

by martini_glass | 2008-05-24 02:59 | ニューヨーカーである事

真実のゆがみ   

26日の土曜日には「stop police brutality!」と市民デモが行われた。

金曜日には1000人以上もの人が裁判所前に裁判の判決を聞くために集結した。
2006年11月25日に射殺された青年の裁判によって市警察に対する判決がでた。
なんと、3人の警官が無罪で釈放されたのでした。

この判決が正しいのか市民は問いかけます。
50回もの銃撃をされる必要があったのか・・・
事実がゆがんでいないか・・・

それは誰もがわかっているはず。
事件性のないところに繰り返された濡れ衣・・・
権力と偏見とにねじ伏せられた真実。

NY市民は、こんな市警に麻痺してはいけないと思う。
これらの間違いを訴え続けなければならない。
忘れてはいけない。
[PR]

by martini_glass | 2008-04-28 03:06 | ニューヨーカーである事

肥満大国アメリカ   

おデブが多いアメリカです。
小錦のようなおデブは、NYはまだ少ないほうだと思いますが、
最近のNY市は、市民に健康を呼びかけています。
誰もなりたくてなった訳ではないと思いますが、
女性は出産を機に一人目二人目と体重が増えていくようです。
動かないのに食べる。
そもそも油っこい食べ物が多いアメリカです。
油ってお腹が満たされる中毒性がある食べ物ですよね。

今、市内のレストランにカロリー表示を義務付けるように保健所が動き出した。
それに対して反発するレストラン側。しかし罰則金を義務付けると強気の保健所。
確かに顧客の要望に応じて組み合わせを変えているピザ屋などでは
これがカロリー表ですと作るのが大変なことです。
条例が出されてもカロリー表示はしないという。

市民の声は、カロリーを気にする人にとってはいい事だと言う人。
今までも体に良くないと分かっていても好きで食べているのだから無駄だと言う人。
カロリーが高いと分かっていても、カクテルを2,3杯飲めば忘れてしまうわと言う人。

自制が効かない人にはあまり期待が出来ない気がします。
私も食べ物に関してかなりアメリカの味に馴染んでしまいました。
危ない。危ない。
[PR]

by martini_glass | 2008-04-01 08:04 | ニューヨーカーである事

どうにもとまらない!   

何がって?
2008年アメリカ大統領選です。
「私達が変えるのです。他の誰でもありません。他の誰かを待っていても変わりません」
というオバマ氏の言葉を信じて多くの人々が動き出した。
これもお金が尽きるまで、オバマ氏の勢いが止まりません。

「アメリカ大統領選の民主党候補指名争いで、オバマ上院議員が10日の東部メーン州党員集会でヒラリー上院議員を破り勝利した。これまでスーパーチューズディー後に党員集会・予備選挙が行われた4州全てでオバマ氏は勝利し、勢いが今も止まらない情勢である。
一方、ヒラリー女史は10日に、ドイル選挙対策本部長は辞任と伝えられた。指名争いのヤマ場での事実上更迭は、劣勢の印象が強まっているヒラリー女史の焦りが表れている」

きゃあ~、女のヒステリーは怖いな~。
このMs.ドイルは1991年から大統領夫人時代も側近で、アイオア州とサウスカロライナ州での予備選の敗北でヒラリー女史から責められていたらしい。

どちらに入れましたか?という質問に面白い発言をしている人を見つけました。
「ブッシュがしでかした後始末はヒラリーにしか出来ない」と言う黒人男性、
やはり強い女性が好きなようです。笑。


P.S そういえば、日本では苗場スキー場でユーミンのゲリラ・ライブがあったそうですね。
その場に居合わせた人達、なんてラッキーなんでしょう・・・
[PR]

by martini_glass | 2008-02-13 09:48 | ニューヨーカーである事